by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

海外女子一人旅デビューにオススメの国5選!格安で安全に旅できる国とは?女子一人旅をした筆者がオススメ!

【ざっくり言うと・・・】
■女子海外一人旅デビューしやすいのは、安くて安全な国!
■近くて物価の安いアジアや、LCCの飛んでいるオーストラリアが狙い目!
■第1位はやっぱりタイ!一人でも旅がしやすい国で場数を踏んで行こう。


 

海外って危険だよね、海外ってやっぱりお金がかかるよね…そんな不安からなかなか一歩を踏み出せない女子の海外一人旅。そんなあなたに、筆者が女一人で行ってみて安全で安く旅できた国をご紹介します。特にオススメしたい5つの国は、女子一人旅デビューにもってこいの国ばかり。ぜひこれを読んでいるあなたが、少しでも不安をなくして海外一人旅デビューへの一歩を踏み出してくれることを願っています!さぁ、世界へ飛び出そう!!

「第5位【ラオス】何もないけど心に残る。何でもある日本から抜け出して、そんな不思議な体験をしてみよう!」

(写真:筆者撮影)

ラオスって何があるの!?私もそう思って行った国でしたが、結果、何もありませんでした。

忙しい日本から抜け出して、着いたその国で目にしたのは、のんびり犬が寝そべる姿、メコン川に暮れていく夕日、優しいラオス人の笑顔。屋台で一人でご飯を食べていても、人懐っこいラオス人の子どもが笑顔でウインクしてくれたり、各国からの旅行者と相席になって語らったりと、寂しい思いをすることもないでしょう。

物価の安い国なので、少し贅沢なホテルに泊まっても日本のホテルとは比べものにならない安さです。日本からの直行便の飛行機を探すと少し行きにくいかもしれないので、最後に紹介するタイから、電車で入国する方法もおすすめです。

 

「第4位【ミャンマー】心優しい仏教徒のいる国で、インスタ映えスポットを巡る旅をしよう!」

(写真:筆者撮影)

第4位のミャンマーは、旅行者にとって安全な国として有名です。実際に筆者もミャンマー旅行中に不注意から財布とパスポートを落としてしまったのですが、なんと戻ってきたという経験があります。一説によると、ミャンマーが安全な国である理由の一つは、国民の多くが敬虔な仏教徒だからとも言われています。生きているうちに多くの功徳(人のため、世のために良い行いをすること)を積むことで、極楽浄土への道がひらかれると信じているのです。

そんなミャンマーには、インスタ映えする仏教遺跡スポットがたくさん!落ちそうで落ちないゴールデンロックに、金箔で覆われたキンキラキンの仏塔、そして世界三大仏教遺跡に数えられるバガンの遺跡群。物価も安い国なので、のんびりといろいろな町を訪れてみましょう。

 

「第3位【オーストラリア】親日家の人が多く安全!海に世界遺産に動物に、行きやすくて感動いっぱいの国!」

(写真:筆者撮影)

第3位は、日本人観光客が多いことでも知られるオーストラリアです。

オーストラリアは親日家が多いことでも知られ、治安も落ち着いています。そしてこの国の魅力はなんといってもその見所の多さ!家族旅行や友達との旅行も楽しい国ですが、一人旅だからこその楽しみ方もある国です。

海が好きなあなたは、ぜひ西海岸のパースへ。東海岸のケアンズやゴールドコーストも人気ですが、一人旅なら断然パース。海の綺麗なビーチでのんびりと過ごしたり、近くの離島へ遊びに行ったりすることもできます。自然が好きなあなたは、ダーウィンやエアーズロックへ。一人旅ならではの旅の仕方として、電車や長距離バスで移動するのもオススメ。大きな街の近くの動物園では、コアラやカンガルーがのびのびと過ごす様子が間近で見られます。物価は日本並みですが、近頃はオーストラリアへ格安で行けるLCCが日本に就航しています。

 

「第2位【インドネシア・バリ島】ウブドで朝ヨガ、ビーチでマッサージ、市内でショッピング三昧と、女子のやりたい!が全部ある国!」

第2位は、女子旅でも人気のバリ島です。

友達と行くのも楽しいですが、一人でやりたいことをとことん楽しむにもうってつけの場所。海派のあなたは、ビーチで格安マッサージを心ゆくまでしながら、水平線に沈む夕日を見つめて自分と向き合ってみ見てはいかがでしょう。自然派のあなたは、ウブドで森林に囲まれながらリラックス。朝日と共にヨガをしたり、棚田を見に行って自然の偉大さに感動したり。

もちろん、海も自然も両方満喫するのもアリです。そしてバリと言えば、バリ雑貨!どこでもマーケットが開かれ、可愛いバリ雑貨が格安で手に入ります。治安が気になるところですが、現在は比較的安定し、街には一人旅の若者に溢れています。

 

「第1位【タイ】安くて美味しい国代表!手軽に世界遺産も見られて、象にも乗れちゃう!」

第1位は、やっぱりタイです!筆者も大好きで何度も訪れている国です。

美味しいタイ料理に可愛いタイ雑貨が、日本では信じられないくらいに安く楽しむことができます。バンコクに滞在するだけで見所満載ですが、少し足を伸ばせば、世界遺産のアユタヤやボートに乗りながらショッピングを楽しめる水上マーケットにも行くことができます。観光地化が進んでいるタイなので、これらの場所も現地ツアーで気軽に格安に行くことができます。まさにタイは、旅デビューにはうってつけの場所といえるでしょう!

 

「まとめ 比較的安全で安く旅できる国から始めて旅慣れていこう!」

 

以上、海外女子一人旅デビューでもオススメの国を5つ紹介しました。「女子旅」では、やはり安全な国を選びたいところ。比較的安全な国と筆者が感じた国を紹介しましたが、やはり日本以上に安全な国はないと思っていいでしょう。油断はせずに、最低限の防犯意識を持って旅に出たいものです。

そして、お金。今は多くのLCCが日本に就航しており、航空券自体も安く手に入る時代です。滞在費も抑えられれば、旅自体に出られる回数も増えてきます。ぜひ一歩を踏み出して、多くの旅で素敵な出会いをして欲しいと願っています。

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・海外旅行で人気の渡航先フィリピンのセブ島が最高でした。セブ島は今テレビ等でもよく紹介されて大人気ですよね。物価が安く日本からも近いため、日本人の渡航者の数は年々伸びてきています。学生旅行も人気で大学の卒業旅行にもよく利用される場所です。セブ島と言えばやはり海でのアクティビティが有名です。ジンベイザメと泳いだり、シュノーケリングでニモや綺麗なサンゴを見たりと色んなことが体験できます。私は大阪でスキューバダイビングライセンスを取得したので、セブ島でもダイビングを楽しみました。また、海外ボランティア、国際ボランティアができるという魅力もあります。セブ島にはボランティア団体がいくつかあり、主に貧困層の支援をしています。食事の提供だけではなく、音楽や日本の文化を通じて交流するという活動なんかもあります。そのようなスタディツアーにも今回の旅行で参加してきました。大学生にとっては学生時代の経験としていいのではないでしょうか。日本とは違った文化が体験出来て、本物のフィリピンを知ることができますよ。また、セブ市内の街中の方はリゾートの雰囲気とは打って変わって東南アジアの雰囲気満載です。屋台が至る所にあり、マンゴーやパイナップルなどのフルーツもたくさん売られていました。何より物価が安く、タクシーの初乗りが100円以下です。ドライマンゴーがお土産に人気で、1袋200円くらいなので大量に買えました。アクセサリー類やTシャツなどもお土産として売っていました。また、食事も安く、ローカルな屋台のバーベキューは味も良くて最高でした。夜のセブ島も良かったです。日本人経営のキャバクラのような、フィリピンパブのようなお店がいくつかあり、何軒かまわってみました。女の子は可愛く、日本語ができる子も多かったです。お酒も日本人の口に合うビールで、しかもすごく安い。最高の夜を過ごすことが出来ました。ビキニバーも日本人の男性には人気ですよね。真ん中にステージがあり、ビールを飲みながら女の子を見るのは、日本ではできない経験で面白かったですよ。今回は3泊4日の旅行でしたが、是非また行きたいと思える場所でした。皆さんも行ってみてください。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!