by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

南米旅行で外せない絶景5選!南米を2か月で8か国周った私がオススメする絶景ルート!南米女子一人旅のおすすめ観光スポット

【ざっくり言うと・・・】
■旅はペルーからスタート。マチュピチュからガラパゴス、コロンビアへ北上しよう。
■飛行機を使って南下しイグアスの滝を見たら、旅のハイライト・ウユニ塩湖へ!
■ルート作りは、訪れる季節と見たいものを整理して考えよう。


南米大陸は、旅行者なら憧れの場所だと思います。雄大な自然、謎多き遺産に、歴史深い文化。筆者は新婚旅行で、8月から10月まで2か月かけて南米大陸を8か国旅しました。その経験をもとに、これから南米を旅する方にオススメのルートと、そのルートに沿った絶景を紹介します。

「【ペルー】旅はリマからスタートがオススメ!まずは誰もが憧れるマチュピチュを見に行こう!」

日本から南米に入るのに、ペルーのリマは多くの便が飛んでおり、とても便利です。粘り強く探せば、格安航空券も出てくるルートになります。南米旅はぜひリマからスタートしましょう。

ペルーでは、そのままマチュピチュ遺跡へレッツゴー!最初にマチュピチュに行くことで、もし天候が悪く、うまくマチュピチュを見られなかったとしても、最後にリマに戻ってくるときにまた見に行くという選択肢を作ることができます。世界中の旅行者が憧れるマチュピチュ遺跡を見て、高揚感いっぱいに南米旅をスタートさせましょう!

「【ガラパゴス諸島】自然の宝庫!生き物の楽園!ここは島ごと絶景ビュー」

(写真:筆者撮影)

南米旅で、ガラパゴス諸島を入れるかどうか悩む人は多いと思います。行きにくい場所だし、値段も高いのがその理由かと思いますが、筆者は絶対に行くべき場所だと思います。

ガラパゴス諸島の魅力は、まさに自然と動物の楽園。そんな島に、人間がお邪魔するといったほうが合っていると思います。動物との距離は信じられないほど近いです。海に入れば亀やアシカ、ときにはペンギンと一緒に泳ぐことができ、ビーチでのんびりしていると、すぐ真横をイグアナがのそのそと通り過ぎます。こんな魅力的な島は、世界中探してもここしかないんじゃないかとさえ、思いました。

ガラパゴス諸島のツアーはクルージングがほとんどですが、滞在費を安く抑えたい人は、ぜひアイランドホッピングを。飛行機でガラパゴス諸島に飛び、島をボートで移動し、各島に滞在する方法です。島にたくさんある旅行会社のツアーに参加すれば、いろいろな島を巡ることができます。

「【コロンビア】悪魔の岩は周りも頂上も、絶景だらけ!」
エクアドル・ガラパゴスからそのまま北上し、コロンビアへ。一見、見所が少なく危険そうな国なので敬遠されがちですが、ここでは絶対にピエドラ・デル・ペニョールに行くことをおすすめします。別名「悪魔の岩」とも呼ばれるこの岩は、高さ約220mの一枚岩。岩自体も絶景ですが、ここの魅力はそれだけではありません。

岩を外から見て堪能したら、ジッパーのように岩にへばりついている階段を登ってみましょう。約700段の階段を登れば、頂上からの景色はまさに絶景。グアタぺ湖と緑の大地の織りなす景色が360度広がっています。

そして、この岩から約2Km離れた「グアタペ」もぜひ訪れてみましょう。カラフルに彩色された可愛い町並みが広がります。歩いて1時間もすれば全体を周れる小さな町ですが、センスのいいお土産屋や可愛いパン屋で足を止めてみるのもいいですね。

「【アルゼンチン】イグアスの滝は、丸1日楽しみ尽くそう!」

リマからコロンビアまで北上したら、チリかアルゼンチンまで飛行機で移動です。南米はとても広いので、ときには飛行機も利用してもいいと思います。LCCも多くあるので、セールの時期を狙えば安い航空券も手に入ります。

アルゼンチンでは、イグアスの滝は外せません。世界三大瀑布と言われる滝は、ブラジルよりもアルゼンチン側からのほうが、見所が多いと言われています。

イグアスの滝は、イグアス国立公園に入園して見ることとなります。ここはぜひ朝から遊び尽くしましょう!ボートで滝に突っ込んでいくツアーやジャングルの中を散策するツアーに参加し、サルやアナグマ、珍しい蝶に鳥が現れる遊歩道を歩き、イグアスの滝を巡るトレッキングを楽しめば、1日もあっという間です。

「【ボリビア】旅の最後はウユニ塩湖で!感動の絶景に涙しよう!」

(写真:筆者撮影)

旅の最後は、ボリビアのウユニ塩湖で。南米旅のハイライトです。筆者は、雨季に近づく旅の後半にボリビアを訪れるようルートを練りましたが、時期によって逆ルートでもいいと思います。何と言っても、ウユニ塩湖では鏡張りの絶景を見たいもの。出来るだけその可能性が高い時期になるようにルート設定しました。

結果、乾季の塩の六角形模様が広がる真っ白な大地も、鏡張りの天空の鏡も、両方味わうことができました。しかしこれはもう、「運」というしかありません。どちらにせよ、ウユニ塩湖は素晴らしい絶景そのものです。天候の関係もあるので、少し余裕をもって滞在すると良いでしょう。

 

「まとめ 南米のルート作りは、訪れる時期と見たいもので変わっていく!」

以上、筆者が実際に訪れたルートをご紹介しましたが、南米の絶景は時期にも大きく左右されます。乾季の方が見応えがあるもの、雨季の方が見応えがあるものなど、それぞれの良さと欠点があるかと思います。多くの日本人は鏡張りのウユニ塩湖を目指して雨季に南米を旅する人が多いようですが、筆者は乾季に旅をしました。それはそれで、乾季にしか訪れることのできない場所があったり、マチュピチュが雲ひとつない青空だったり、雨に左右されないルート作りができたりという良さがありました。ぜひひとつの参考として、見ていただけたらと思います。ただ言えるのは「南米は最高だった!」という一言です。皆さんも、ぜひ良い旅を!

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・オーストラリア、オーストラリア人が嫌いになりかけていましたが、先生のように親身になってくれるオーストラリア人もいるので、そんな思いになっちゃダメだと自分に言い聞かせました。翌日、先生の勧めで総領事館に相談にも行きましたが、銀行と争って認めさせるのは難しいという話でした。お金も無くなり、旅どころか生活も厳しくなった私は、急遽バイトをしなくてはならなくなりました。こういう時にワーキングホリデーで良かったと切実に思いました。ワーキングホリデーは、ある程度働いても問題にならないからです。そこで見つけた仕事が回転寿司屋でした。ことの事情を話すと、即採用してくれ、すぐにでも働かせて頂きました。また、この仕事がこの問題の解決する道とは当時は思いませんでした。働いて数ヶ月、生活はなんとか出来ているものの、問題が解決しておらず、どうしたものかと悩んでいたある日のことです。社長から事務所に来るように言われ、そこに行くと1人の女性を紹介されました。彼女は日系オーストラリア人で、以前に某銀行に勤めていたとの事でした。内部事情に詳しい彼女は、無償で私の代理人になってくれ、銀行との話し合いを常にし続けてくれたのです。しかし、事態は悪くならずとも好転の兆しが見えず、数ヶ月が経ち、数週間後には帰国することになりました。お金が返ってこなかったのは悔しいですが、そんなに知らない私の為に数ヶ月も交渉し続けてくれた女性、また困っている私を雇ってくれた社長、落ち込んでいる私を見守り支えてくれた仲間たちには感謝でいっぱいでした。帰国3日前、すでにバイトも辞めていた私が事務所に帰国とお礼の挨拶に行くと、社長と女性がいました。2人にお礼を言うと、ニッコリ笑って社長が「〇〇〇、お金が返ってくるぞ!」と言うのです。そんなバカなと思い、「もういいんです。それ以上のものをここで頂きました。」と言おうとすると、社長が再度、「本当だぞ!」とニッコリ笑って言うのです。事情を聞くと、女性が粘り強くいろいろ調べてくれ、銀行側の落ち度をみつけてくれ、そこを突破口に交渉していくと、諦めて支払うと言ってくれたそうです。私は、涙が止まりませんでした。その涙は、お金が返ってきたことではなく、3日後には帰国して、2度と会うことも無いかもしれない私の為に諦めずに交渉し続けてくれた女性や社長の思いにです。滞在中は、他にもいろいろあり、旅は出来なかったですが、私はかけがえのないものをこの旅で得ることが出来ました。それは「人への思いやり、優しさ」そして「諦めない気持ち」です。旅に出るといろんな事が起こり、途方に暮れることもあるでしょう。しかし、私が得たものを忘れないでください。きっと、どこかであなたの味方、素敵な出会いがあります。1回でも多く笑える旅になることを願っています。最後にオーストラリアで住んでて私が大好きだった言葉を送ります。「EasyGoing」

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!