by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

スターバックスコーヒー1号店が待っている!シアトルの旅行プラン

【ざっくり言うと・・・】
■治安の良いシアトルで旅行を楽しもう
■スターバックスコーヒー1号店は、他の店舗とここが違う!
■ここでしか買えないオリジナルグッズが盛りだくさん!


スターバックスコーヒー1号店への行き方アクセス方法!女子一人旅のシアトルの旅行プラン

スターバックスコーヒー、通称スタバ。日本で今も大人気のカフェは、アメリカのシアトルから始まりました。
このシアトルの店舗、1号店ということもあって、実は他の店舗とは少々趣が異なります。スタバファンならぜひとも行っておきたいところ。今回、シアトルでスターバックスコーヒーの1号店をめぐるプランをご紹介します。

「1.スターバックスコーヒー1号店のあるシアトル市内へは日本から10時間程度」

シアトルへは成田と大坂から直行便が出ています。9時間前後の空の旅の後、シアトル・タコマ空港に到着するので、空港からはバスや電車を使って市内に移動しましょう。1時間もしないうちに到着するはずです。
合計で10時間ほどの移動時間を使うことになります。飛行機は夜の便を使い、移動を終えたら市内観光できるようにするのがおすすめです。もし朝の早い時間にシアトル市内に着くことになっても問題ありません。チェックインまで時間が空いていても、荷物はホテルで預かってくれます。治安の良い国ですので、安心して遊びに行きましょう。

「2.他店舗とスターバックスコーヒー1号店の違いはロゴ」

スターバックスコーヒー1号店は、シアトルの街中にあります。パイクプレイスマーケットという大きな市場の付近なので、行きやすい立地と言えます。
注目してほしいのが店の前に掲げられたロゴ。現在のスターバックスのロゴといえば緑の女性のものが思い浮かびますが、1号店に掲げられているものは少々異なり、茶色にセイレーンと呼ばれる人魚が描かれています。これは創業当時のデザインそのままで、港町のシアトルとの調和を感じます。

○スターバックスコーヒー1号店への行き方・アクセス方法
TEL:206-448-8762
住所:1912 Pike Place Seattle, WA 98101
URL:https://www.starbucks.com/coffeehouse/store-design/1st-and-pike
入場料:なし
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/qzgvvc3aCmA7uyH37

 

「3.スターバックスコーヒー1号店のオリジナルグッズは購入必至!」

店内は小さいながらも、あのスターバックスの1号店ですので、人であふれていることが多いです。入って右側には操業を記念したプレートがあり、記念撮影にぴったりです。
そして、気になるお土産にはやはり1号店ならではのものがたくさん。オリジナルマグやタンブラーなどには1号店限定のロゴが刻まれています。他のファンと差をつけたいあなたへおすすめです。

「4.まとめ シアトルでしか見られないスターバックスコーヒーを楽しもう」

スターバックスコーヒーが産声を上げたシアトルでは、その記念品がたくさん手に入ります。ぜひ、本場のアメリカでスターバックスコーヒーを堪能してください。

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

2019年6月私はタイの首都バンコク旅行に行きました。タイのイメージとして日本人は未だに発展登場国というイメージがあるかもしれませんが、今やバンコクは世界有数の大都市へと変貌しています。私は、バンコクで海外ボランティアである海外協力隊のみなさんともお話をしたのですが、国際ボランティアなどでタイに行く方はバンコクではなく小さな田舎町に行くそうです。また、バンコクにはスワンナンプーム空港とドムワン空港を有しており、複数の格安航空会社が乗り入れており、格安で海外旅行ができるので学生旅行などでいくにはおすすめです。また近年タイ政府は国際化を目指しており、英語の習得率も高く英語圏ではありませんが物価の安いことから親子留学や短期留学のスタディツアーの方も増えてきているそうです。お昼にドムワン空港に到着した私は、まずバスに乗りバンコク市内を目指します。交通運賃も安く市内までのバス代は30円程度でした。しかし、市内は慢性的な交通渋滞に悩まされており、到着時刻が30分程度遅れました。バンコク市内へ到着した私は、お腹が空いていましたのでタイ名物の屋台で腹ごしらえしようとタクシーに乗りました。向かったさきは、カオサン通りです。カオサン通りはバックパッカーの聖地としても知られ格安宿や屋台も多く非常に安く過ごすことができます。さっそく屋台で、トムヤムクンとカオマンガイをいただきました。いずれも美味しくいただくことができ、300円程度でお腹いっぱいになることができます。しかし、ここで注意しなければならないのが屋台で飲み物を購入する場合です。もちろん、ペットボトルや缶の飲料を購入する場合は問題ないのですが、マンゴージュースなどのその場で搾る100%ジュースなどは水道水から氷を作っている場合があります。お腹があまり強くない方は、ペットボトルや缶の飲料水を買うことをおすすめします。また、夜は治安は比較的良いですが、日本より貧富の差があり観光客がスルや強盗に襲われるケースもあるので、細い裏路地や暗い道に入ったり、女性だけでであるくことはなるべく控えましょう。私の場合は、主にお昼に出歩き夜は部屋でビールを飲んでいたので特に危ないことはありませんでした。皆さんも、気を付けてバンコクの旅をお楽しみください。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!