by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

プーケット島ツアー!お奨めタイ料理・シーフードのランキング3選!プーケット旅行・観光を女子一人旅でも満喫せよ

【ざっくり言うと・・・】
■プーケットのシーフードは揚げたて焼き立てがおすすめ!
■辛いのが大丈夫ならヘルシーなソムタムやヤムウンセンがおすすめ
■タイスキやタイラーメンなら辛さの調節を自分でできる


世界中から観光客が集まるプーケット!タイ料理は健康によく、美味しいので人気ですよね。プーケットはタイ料理だけでなく、シーフードもおすすめです!
今回はプーケットでおすすめのタイ料理・シーフード料理をランキング形式でご紹介します。

3位:プーケットでおすすめのシーフードは揚げたて焼き立てのカニ・ロブスター・白身魚!

まず、タイ・プーケットと言えばシーフードが有名ですね。採れたての新鮮なシーフードは手ごろな値段の屋台から高級店まで、さまざまなレストランで味わえます。
特に人気なのはプーケットでしか摂れないというプーケット・ロブスター!
……でも正直、少々お高めです。

手頃で美味しいのは、大きくて甘いタイガープラウンというエビです。カニはプーダムという黒いカニが有名ですよ。
魚はスズキ・ハタ・キスなどの白身の魚中心で、さっぱりとした味です。

シーフードはスープに入れたり、カレー炒めにしたりと、さまざまな調理法があります。
プーケットには、量り売りのシーフードを希望の方法で調理してもらえるレストランがたくさんあります。

採れたてのシーフードを堪能したいなら、シンプルに揚げたものや焼いたものがおすすめです。揚げたて・焼き立てなら、生臭いのが苦手な人も食べやすいですし、味付けは自由に選べます。
淡白な白身の魚はカリカリ揚げてもらい、カレーソースやチリソースやなどをお好みで。エビやカニは炭火焼きでいただくのがおすすめです!
新鮮な魚介類で揚げたて・焼き立てなら、塩コショウだけでも十分美味しいですよ。

2位:辛くて健康的!タイの辛いサラダ・ソムタムとヤムウンセン

日本にあるタイ料理店には必ずと言っていいほどメニューにあるソムタム(青パパイヤのサラダ)とヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)。もちろん本場タイのプーケットのレストランでも食べられます。
でも、日本にあるタイ料理店のものとは違い、本当に辛いですから気を付けてくださいね。口から火を噴いちゃうかも?ってくらいの辛さのお店もあります。

もちろん、辛さを調整してもらうこともできますが、タイの人の辛さ控えめは、日本人にとってはまだまだ結構辛いです。
また、逆に観光客相手に慣れてしまっているお店では「辛くしないで!」とリクエストすると唐辛子をまるでいれない甘いものが出てきてしまう可能性も……!

美味しくて健康的なサラダですので、辛いものが好きなら一度はチャレンジしてみてくださいね!

1位:辛さを調節できて安心で安いタイスキとタイラーメン

プーケットで一番おすすめなのは、タイスキやタイラーメンです。味を自分で調整でき、辛いものが苦手な方でも安心して食べられます。もちろん、辛い物が食べたい時には辛くできますし、気軽にタイ料理を味わえます。

今ではチェーン店も存在するタイスキですが、1900年代中頃に考案された結構新しい料理です。
日本人の大好きな、すき焼きやしゃぶしゃぶが元になっているとも言われています。そもそも日本人好みにできているんですね。
タイならではの食材を用いていますが、調理方法はしゃぶしゃぶとそっくりです。タレは好みによって自由にアレンジできます。

タイラーメンも薄味のチキンスープに自由に調味料を入れて自分で仕上げますので、辛さが調節できておすすめです。
現地の人は砂糖やナンプラー、唐辛子を大量に入れて食べます。お酢も必ず置いてあります。

タイスキやタイラーメンは庶民的な価格で安心して食べられるタイフードです。屋台やショッピングセンター内のレストランにもありますから、プーケットに訪れた際はぜひ食べてみてくださいね。

まとめ

タイ・プーケットに訪れたらぜひ食べたい!タイ料理とシーフードをご紹介しました。プーケットに訪れる時には参考にしてみてくださいね。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!