by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

パラオ!旅仲間・バディ・ツアーメイト募集!パラオ観光中の海で世界一の幻想的な景色が楽しめます。

★全国から一緒に旅をする旅メンバーを募集しております!<旅仲間募集中!>募集の詳細はこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

↑↑ウユニ塩湖やアメリカ横断、ハワイ、セブ島などのビーチリゾートなど、海外ボランティア0円~↑↑↑

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

<★この記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

.

お手軽な海外旅行でスキューバダイビングも楽しめる場所としてパラオをオススメします。パラオといってもあまり馴染みはないかもしれません。パラオは日本のはるか南のミクロネシア諸島にある島嶼国です。第二次世界大戦までは日本の統治下にあった地域です。そのため、現地人同士の会話を聞いていると、たまに「あれ?今日本語言わなかったかな?」と思う時があると思います。実際に、「Bento=弁当」、「Dengki=電気」等パラオ語の単語の約25%が日本語からできていると言われています。
パラオは日本から飛行機で約5時間程度です。成田から直行便があります。ただ、もしできるだけ飛行機代を安く抑えたい、という場合はグアム経由とすれば、10,000円程度安くなります(ただ乗り換えも含め10時間程度かかります)。近いし、安いので学生旅行でも気軽に来られる場所かもしれません。世界遺産のロックアイランドをはじめ、雄大な大自然が広がる非常に美しい国です。夜にパラオに到着する便が多いので、到着時はよくわからないと思いますが、朝起きて岸辺から海を見るだけで非常に驚く美しさを楽しめると思います。ちなみに宿泊先ですが、大規模なリゾートホテルもありますが、もし、スキューバダイビングをされるのであれば、ダイビングショップがゲストハウスを経営している場合もあり、そちらのほうが予算は抑えられます。スキューバダイビングが初心者の場合でも日本人のインストラクターがいるダイビングショップが多いので問題ありません。海に潜ると、沢山の魚がいて紙吹雪が舞っているような光景がすぐ味わえます。そしてダイビングスポットとしては、世界的に有名なブルーホールとブルーコーナーがあります。ブルーコーナーですが、入った瞬間に今まで見たことがないような青い海とフエダイ、アジなどの一般的な魚から信じられないくらいの種類の魚に遭遇できます。そしてブルーホールですが、真っ暗なトンネルを抜け、上空を見上げると穴から非常に神秘的な光が差し込んで来ます。海底30mくらいなので、落ち着いていないと滞在時間が短くなるのが要注意です。
ダイビングが終わった後は、見事な白い砂が広がる「ミルキーウェイ」に行ってみてはどうでしょう。ダイビングのパッケージのスケジュールに一般的に入っている場合が多いです。スケジュールに入っていなくても、インストラクターに頼めば行ってくれるはずです。ミルキーウェイの砂は美白効果があるらしく、現地の黒い肌のスタッフが「俺は毎日この砂を塗っている。だからこの通りさ」と笑わせてくれます。
ちなみにパラオですが、日本の若者がボランティア(青年海外協力隊)やその他アメリカなどの国際ボランティアも活動しています。たまにスタディーツアーの一行もいます。小さい場所なのでお会いすることもあると思います。彼らから現地の状況やどんな活動をされているのかを聞いても非常に興味深いお話が聞けるかもしれません。もし、日本人ぽい人がいれば声を掛けてみても良いと思います。
治安も良いので夜、出歩いていても強盗などに遭うことはまずありません。また、朝にスーパーマーケットに行くと、スパム巻きや「あんパン」が売っています(見た目は揚げあんドーナツ)です。中には「あんぱん(クリーム)」もあり、ちょっと笑えます。ホテルでの朝食もいいですが、こんな日本の統治時代の名残の味を楽しんでも良いと思います。
お気軽な海外旅行としてパラオ、一度訪れてはどうでしょうか。

ハワイの関する記事

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

 

今回の記事は、学生旅行の際の海外旅行、スタディツアーなどの情報やボランティアに興味がある方に向けて海外ボランティア、国際ボランティアなどの情報を説明したいと思います。まずは、旅行関連について、学生のうちに海外に行くことは、自分の視野を広げることに繋がりますし、就職活動の自己分析にも役立ちます。多少値が張る部分ははりますが、国内の旅行よりも海外の旅行の方が安い国も有るなど、方法や行き先を考えれば安くで学生でも海外旅行に行くことができるのです。特にオススメしたいのがスタディツアーです。ボランティアに近い部分もあるのですが比較的安価で海外に行くことができます。ネットや、旅行会社、あるいは大学の生活協同組合などで情報をウォッチできるでしょう。安ければ10万円からでも海外に行くことができます。場所としては、カンボジアやラオスなどの東南アジアの発展途上国。モロッコなどのアフリカの国などなど様々な国が選べます。また、ボランティアをメインで活動したいと言う場合は、長期休暇(春休みや夏休み)を利用していくことをオススメします。注意して欲しいのが感染症です。日本とはちがい発展途上国は感染症にかかる恐れのある国が多いです。破傷風であったり、肺炎など日本ではなかなかかからない病気でも海外にいくとかかるケースがあります。事前に病院などにいき、予防接種をうけることをオススメします。ボランティアの場合は、比較的安価で海外に行ける他、場合によっては費用をすべてボランティアの協会側が負担してくれるケースも有ります。その代わり長期間拘束される可能性も有りますが、学生の頃でしか味わえない経験も有りますのでオススメです。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!