by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

絶対に入った方がいい!海外旅行保険の気になる値段と種類を紹介!女子一人旅にお奨めの海外旅行保険は?入るべき?値段の相場と種類

【ざっくり言うと・・・】
■保険会社の保険とクレジットカードの保険の2種類がある
■短期の女子一人旅でも、海外旅行保険には必ず加入した方がいい!
■平均して一日1000〜3000円程度、クレジットカード保険は無料の場合も


海外旅行では何が起こるかわかりません。特に多いトラブルが「病気や怪我」ついで「携行品の盗難、破損」。そんな時に保険に加入していないと、高額の支払いをすることになります。海外では日本と違い、病院代も全額負担ですので、変にケチったりせず、保険に加入して、海外旅行を楽しみましょう。今回はそんな海外旅行保険の値段と種類ついて解説していきたいと思います!

「1. 海外旅行保険には保険会社保険とクレジットカード保険の2種類がある」

海外旅行保険には「保険会社保険」と「クレジットカード 保険」の2種類があります。特徴として「保険会社保険」の方が補償内容が充実しており、付帯しているサービスによって病気や怪我の際の病院の手配や支払いの方も保険会社の方で全てやってくれるというメリットがあります。「クレジットカード保険」はクレジットカードに付帯しているので出発の前に申請・手続きをする必要がないというメリットがあります。では次にそれぞれの保険の金額について解説していきたいと思います。

「2.  保険会社保険の金額は平均して2000円ほど!」

海外旅行保険といっても訪れる国や滞在日数、補償内容は人それぞれでそれによって保険の値段も変わってきます。そこで各地域の平均的な滞在期間から平均的な金額を算出してみました。

アジア(3日)・・・1000円
北米(5日)・・・2000円
オセアニア(5日)・・・1500円
ヨーロッパ(6日)・・・2500円
中南米(8日)・・・3000円
アフリカ(8日)・・・3000円

以下の金額を平均すると保険会社保険の平均的な金額は2000円前後ということがわかります。滞在期間や補償内容によって、変動しますが、大体これくらいの金額だと思っていただければ、大きなズレはないと思います。自分にあった保険を選んで加入しましょう。例えば、持っていく携行品が補償内容に入っているかを確認したり歯科治療が補償内容に含まれるか補償金額の設定などを確認することが自分にあった保険選びの重要な要素になってきます。

「3. クレジットカード保険の金額はそのカードの年会費分だけ、無料の場合も!」

 

クレジットカード保険の金額=そのクレジットカードの年会費です。ですので年会費無料のカードの場合は無料で保険に加入できるということになります。無料でも有料のカード並み、もしくはそれ以上の補償内容のカードもあります。金額面もクレジットカード保険の魅力の1つですが、補償内容は保険会社保険と比べると充分とは限りません。ですのでクレジットカードを複数枚持っておいて、補償金額を増やしておく必要があります。

「4.  保険に必ず加入して楽しい海外旅行を!」

せっかく楽しい海外旅行ですから、思わぬアクシデントから、高額の出費をしてしまい台無しにすることがないように、必ず保険に加入しておくようにしましょう。何が起こるかわからない海外旅行なので、備えあって憂いなしです。飛行機代やホテル代を節約したのに、怪我をして、物が盗まれて、結果出費がかさんでしまっては元も子もないです。ぜひ自分にあった保険に加入して、楽しい海外旅行を!

<このページの一番下まで見て下さいね!>
★記事は筆者の個人的な見解であり、当会・当サイトの見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・私は24歳の時、学生旅行を兼ねた海外留学をしに、フィリピンはセブ島を訪れました。セブ島の人々はとても陽気で、いつもニコニコ笑っていたり、夜になるとどこからともなく音楽が流れ、曲にあわせて何人かで歌ったり踊ったりするのが日常的な光景でした。海外旅行は何度か行った事のある私でしたが、海外に1人で行って1人で生活をすると言うのは初めてで、出発前はとても不安でした。しかし、現地に着くと不安だった時間がもったいなかったと思うほど素敵で楽しい場所でした。日本が冬の時期にセブ島を訪れたため、暑さに驚きましたが、日本のようなじめっとした暑さはなかったので、セブ島の暑さにもすぐ慣れたのを覚えています。しかし、スコールは多く朝はカラカラに腫れていたのに、夕方帰る頃になると土砂降りで外に出られないという状況に何度も出くわしました。セブ島の人は豪快で、そんな土砂降りの中も傘をささずに悠々と歩いていたのがとても印象深く残っています。留学生だった私の平日は連日勉強漬けでしたが、週末になるとハメを外してシティへ遊びに出かけたり、別の島へ船で移動するアイランドホッピングを楽しんだりしました。スキューバダイビングやシュノーケリングは、満足するほど何度もやったし、ジプニーという乗り合いタクシーをチャーターして、友人と20人でジプニーを貸し切って島を探検したりした思い出は一生ものです。フィリピン料理は、どれも美味しく、特にレチョンという豚の丸焼きが出てきたときは、目を引くような光景ですぐに箸が進みませんでしたが、口に入れてみるととても美味しく、大好きなフィリピン料理の1つとなりました。他にも、バロットというひよこが羽化しかけを少し茹でた卵もローカルフードとして、屋台で売っていましたが、こちらを食べるのは度胸試しと言っていいくらい見た目がグロテスクなので私は食べることが出来ませんでしたが、今思えば、チャレンジしてみてもよかったのかなと少し後悔しています。(笑)またセブ島は物価も安く、1ヵ月の滞在で食費、遊び代全てを含んでも10万円以下で収めることができました。今回私は留学生としてセブ島を訪れましたが、スタディツアーや国際ボランティア、海外ボランティアでセブ島に滞在するのもまた別視点からセブ島を感じることができとても良い経験になるのではないかなと思います。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!