by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

海外にも負けない!ダイビングスポットやビーチが自慢の沖縄、離島ベスト5をご紹介

【ざっくり言うと・・・】
■沖縄の離島は何をしたいか目的に合わせて行ける場所が豊富
■SUPやカヤック、トレッキングでアウトドアを楽しむ!
■全ての島がフェリーや高速船、飛行機ですぐに行ける場所


ビーチというとハワイやバリ島などの海外に目を向けがちですが、沖縄の離島も海外に負けない美しいビーチがたくさんあります。カメと泳いだり、夜のSUPを楽しんだり、水牛に乗って散策したりと楽しいプランも目白押し!
パスポートなしで気軽に行ける沖縄の魅力をたくさんお届けします。

「1.5位 久米島がほこる砂浜だけの島「はての浜」でシュノーケリングやグラスボードを体験」

久米島と言えば有名な観光スポットの「はての浜」は、砂浜だけでできた無人島。「はての浜」「ナカノ浜」「メーヌ浜」と3つの砂浜に分かれていて、全長7キロもあります。是非行っておきたいのは、一番果てにある「はての浜」で水の透明度もピカイチ。
ツアーも多く用意されていて、グラスボードでサンゴ礁やウミガメが見れたり、はての浜からボートでシュノーケリングスポットに連れて行ってくれたりと、美しい海を思う存分満喫できます。

久米島へは那覇空港から飛行機で約30分、1日7本ほどあります。フェリーも運航されていて、片道3,300円ほどと格安ですが3時間位かかってしまいます。

「2.4位 石垣島でサンセット&ナイトSUP!幻想的な夕暮れと星空の下で癒しのひとときを満喫」

沖縄本島の次に人口が多く、お店や宿泊施設の数も豊富で見どころもたくさんの石垣島。
有名な観光スポットの「川平(かびら)湾」は、船の底がガラスになっていて熱帯魚やサンゴ礁を楽しめます。
海のアクティビティも豊富ですが、その中でも「サンセット&ナイトSUP」を楽しんでみるのはいかがですか?
サンセットを見ながら、星空の下で、どちらもフォトジェニックで幻想的。SUPが初めてという方も、インストラクターが丁寧に指導してくれるので安心してチャレンジできますよ。

沖縄本島から石垣へはフェリーはなく飛行機のみで、所要時間は約1時間。
また羽田空港から石垣空港への直行便もあります。

「3.3位 アマゾン川のジャングルを思わせる西表島の大自然の中で、カヤック&トレッキングツアーに挑戦!」

沖縄県の中では本島の次に大きい面積を持つ西表島。9割がジャングルというこの島で、体験してほしいのが「カヤック&トレッキングツアー」のアクティビティ。
マングローブが生い茂るジャングルの中を、パドルを漕ぎながら進ませていく気分はまるで冒険家!
2時間半の半日コースから、滝までのトレッキングを楽しめる1日コースまであります。
当日は濡れてもいい格好で行くだけで、ライフジャケットや装備一式はすべて無料レンタル。また川の流れも少なく安定したカヌーを使用しているので、泳げない方でも安心して参加できます。

西表島へは石垣島から船で40分ほどで、1時間に1本のペースで運行しています。
大人料金(12歳以上)で片道2,360円、6歳以上の子供は半額になります。

「4.2位 水牛車で昔の沖縄へタイムスリップ。赤瓦屋根の文化が残る竹富島を満喫」

竹富島といえば真っ先に「水牛車」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。観光客が乗った牛舎を水牛がのんびりひきながら、町中や海を案内してくれます。また赤い瓦の屋根が立ち並ぶ集落も竹富島の代表的な観光スポット。レンタサイクルをして散策するのもオススメです。

また、2012年に開業した星野リゾートが手がける「星のや竹富島」は人気のホテルリゾート。48棟の客室を赤瓦の戸建でそれぞれ独立させていて、コンセプトは「離島の集落」。まさに竹富島に住んでいるかのような気持ちにさせてくれるホテルです。

竹富島は、沖縄本島からの直行便はありませんので、石垣島から船で渡ることになります。定期便が1時間に3本も出ているので不便はなく、日帰りで気軽に行けるのも魅力のひとつです。

【星のや竹富島へのアクセス・詳細情報】
店名:星のや竹富島
TEL:0570-073-066(予約受付 9:00~20:00)
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
URL:https://hoshinoya.com/taketomijima/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/TJmSV7RZgX3WWDHM9

「5.1位 ケラマブルーの海でウミガメと泳ぎたい、世界屈指のダイビングスポット座間味島」

「ケラマブルー」と称される、海の美しさが格別のケラマ諸島。その中でもウミガメの産卵地としても知られているのが「座間味島」です。わざわざハワイに行かなくても、日本でウミガメと一緒に泳ぐことができるんです。
遭遇できるシーズンは5月~8月あたで、初心者はもちろん、お一人でもOKなダイビングツアーが用意されています。
また、ダイバーのスキルに応じて潜るポイントを決めてくれるのも嬉しいですよね。
ダイビングが苦手という方にはシュノーケリングでも十分に満喫できます。

座間味島へは、那覇市の泊(とまり)ふ頭旅客ターミナルビル「とまり」から定期便が出ています。
フェリーの場合、所要時間は2時間。大人料金(12歳以上)で片道2,120円です。
また高速船の場合は約50分で、大人料金で片道3,140円となっています。

「6.まとめ 沖縄の離島には海外に劣らないビーチが豊富!目的に合わせて島を決めよう」

沖縄には日本人がまだまだ知らない魅力溢れる離島がたくさんあります。
「絶景が見たい」「ウミガメと泳ぎたい」「マリンスポーツを楽しみたい」など、あなたの希望を叶えてくれる離島を見つけてください。

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・大学生のうちに海外旅行に行ってみたい、そう思ったときには色々な手段が有ると思います。たとえば海外ボランティアや国際ボランティアというのもあります。しかしそうなればボランティアがメインで、その国に旅行をするという事がメインではなく趣旨が違ってきてしまいそうな気がします。もちろんボランティアは重要な事だとは思いますが、自分には残念ながらその精神は無いので却下です。スタディツアーというのも少し魅力が有りますし、英語圏などですと語学を学びつつツアーになっているので楽しめそうという印象もあります。しかしこちらも国が限定されていそうなイメージが有りますし、自分が行きたい地域はハワイやグアムなどのリゾート地なので有るのかどうかわかりません。まだ調べていないというのも有りますが、これから色々調べてみようと思っています。学生旅行プランを取り扱っている旅行会社を利用するのも良いですし、わからないことだらけなのでネットで探すよりも旅行会社に相談に行く方が良いかなとも思っています。サークルの先輩は夏休みに韓国に行ってかなり焼肉が美味しかったと言っていたので、台湾や韓国など食べ歩きの旅をするというのも考えています。韓国や台湾は近いので移動時間もかかりませんし下手したら日本国内で旅行に行くよりも、安く済んでしまうこともありそうです。私が行きたいと思っているリゾートは、マリンスポーツなども出来ると思うので、スキューバーダイビングライセンスを取得してから行ってみるというのも良いかも知れません。大阪に住んでいるのですが、大阪でもスキューバーダイビングライセンスを取得することが出来るところも有るか調べてみます。なんだか海外旅行のことは、考えるだけでワクワクしてきてしまいます。就職するとなかなか長期の休みも取れなくなってくると思いますし、取れたとしてもお盆やお正月の時にはかなり高額になって旅行費用も掛かってしまうというデメリットもあるので、できれば学生の時に海外旅行には1度は行ってみたいと思っています。どこに行くかはまだ決めていませんが、仲良しの友達とこれから計画を立ててみたいと思っています。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!