by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

中南米でおすすめのビーチスポット5選!女子一人旅でカリブ海の楽園を優雅に過ごす!

【ざっくり言うと・・・】
■中南米にあるカリブ海は世界中からバケーションにくる人がいるほど美しい!
■リゾート地を選べば、女性一人旅でも安心して楽しめる!


世界有数の透明度を誇るカリブ海。コバルトブルーの海に沈む夕日を見ながら、日常で疲れた心を浄化したいなんて、誰しも考えるはず…。物騒なイメージもある中南米ですが、リゾート地を選べば一人旅でも怖くありません! 今回は女子一人旅で優雅に休暇を楽しめるカリブ海のおすすめビーチスポット5選をご紹介します。

5位:「サンタマリア」レトロな街並みと、絵に描いたビーチ!(キューバ)

ビーチと言えば白い砂浜に立ち並ぶヤシの木。そんな理想的な景色を楽しめるビーチスポットがキューバにあるサンタマリアビーチです。見渡す限り広がるビーチは「キューバで1番きれいな海」と観光客だけでなく、現地民にも人気があります。

4位:「アンティグア」マリンスポーツを満喫してストレス発散!

数百以上のビーチが存在するアンティグア島は、世界中からカイトサーフィンやスキューバダイビングなど、マリンスポーツを堪能しに観光客が訪れます。溜まったストレスを発散させたいならオススメです。

3位:「セントルシア」世界遺産の絶景に極楽な温泉リゾートも揃っている!

セントルシアはカリブ海の中でも広大な自然が特徴の島国です。火山から生まれた島で、ビーチスポットはもちろんのこと、天然の温泉やカラフルな街並みまで楽しめちゃいます。

2位:「アンギラ島」自然が残されたサンゴ礁の田舎町!(イギリス領)

都会の喧騒から逃れてのんびりしたいならアンギラ島がおすすめです。波の音と重なるように、流れる時間がゆっくりと過ぎていきます。パウダーサンドの砂浜に透き通る水面と、見る景色全てがベストショットの1枚となることでしょう。

1位:「サン・バルテルミー島」セレブリティ溢れる夢の楽園!(フランス領)

サン・バルテルミー島はカリブ海に浮かぶ島々の中でも、純白のシェルビーチだけでなく、高級レストランやデザイナーショップまで揃っている、まさに楽園です。素敵なホテルに滞在して、海沿いの小道を歩くだけでも一生の思い出になる美しさがあります。フランス領なこともあり物価は高いですが、4月から6月はローシーズンで行けるのは嬉しいポイント。セレブが世界中からバケーションにくるリゾート地で、女性一人でも安心して島を回れます。

まとめ

カリブ海のビーチスポットは世界中からセレブたちも訪れる観光地です。しっかりとリゾート地を選べば治安も良く、女性一人旅でも安心して素敵なひと時を過ごせます。

 

<このページの一番下まで見て下さいね!>
★記事は筆者の個人的な見解であり、当会・当サイトの見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

最近は海外旅行だけではなく、海外ボランティアや国際ボランティアを考えている方も増えてきています。LCCの登場によって海外への学生旅行も気軽に行けるようになりましたね。逆に海外から日本に来る外国人の方も増え、ますます国際化が進んできています。海外好きにとっては嬉しい流れですね。そんな海外に行く際に必ず行わなければならないのがパッキングです。私もスタディツアーなどさまざまな機会で海外に行くことが多かったのですが、毎回必ず苦戦していました。しかし、何度もやっていると段々と慣れてくるものです。もちろん、コツもつかみやすくなりますよ。まず、個人的に一番力を入れているのが洋服の収納方法です。そのままたたんで入れてしまうと、他の荷物に押されて短時間でもたたみジワができてしまうんです。せっかくの海外なのに、たたみジワのハッキリとついてしまった洋服で行くのはちょっと嫌ですよね。しかし、これは簡単な対策方法があります。というのも、洋服をたたんだら丸めるだけ。本当にたったこれだけなのですが、たたみジワがつきません。実際に家でやってみて頂けるとわかるのですが、丸まっているので全然シワができないんですよ。それだけではなく、服も収納しやすくなるので毎回必ずこの収納方法にしています。洋服も一目でわかりやすくなりますよ。短期の海外旅行の場合は液体系も持って行きます。長期の場合は現地で購入しますが、短期の場合は持ち帰れないこともありますのでそれではもったいないですよね。そんな時は定番ですがコンタクトケースを使用しています。美容クリームなど全てコンタクトケースに入れるだけ。100円ショップでも売っているので安価に収納出来るのも嬉しいですよ。もちろん化粧品はミニサイズの物を購入しても良いですね。最近はトラベルサイズの物が増えてきています。意外にリサイクルショップなどで安価に売っていることも多いので、ぜひチェックしてみてください。パッキングが終わったらそのほかの準備を。例えば大阪でスキューバダイビングライセンスを取得したり、現地で行く観光地の資料を集めたり。ワクワクしながら当日を迎えましょう。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!