by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

海外旅行あると便利な持ち物とは?9選!必須チェックリスト付き

【ざっくり言うと・・・】
■海外旅行に持っていくべき必須アイテムは空の財布や筆記用具、ビーチサンダルなど
■応用の効く便利なアイテム、ストールやビニール袋も持っていこう
■旅先で手に入りにくいペットボトルのお茶や除菌ウエットティッシュもあると安心


 

間近に迫った海外旅行の準備をするのって、楽しみもあるけれど何を用意すればいいか迷うこともありますよね。念のため・・・と余分に持って行きすぎてお土産が入らない!となったりしないように、必要最低限のものだけ入れていきたいもの。今まで約20カ国を旅してきた筆者が、海外旅行にあると便利な必携アイテムから、意外と思いつかないおすすめアイテムまで、詳しく教えます。チェックリスト付きなので、ぜひ出発前に照らし合わせて確認してみて下さいね。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物1.空の財布(外貨用)」

絶対欠かせないのが外貨を入れて持ち歩くための財布。小さめのポーチでも構いません。私は海外ではいつも、日本円の入っている通常の財布はホテルの金庫に預けて、旅行用の小さい財布だけもって出かけるようにしています。日本円の入っている財布に外貨も入れると混ざって使いづらいのはもちろん、万が一盗難に遭ったらと考えると、財布は二つに分けておいたほうが安心ですよね。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物2.エコバッグ、ビニール袋」

私の経験では、海外では買い物をした時に日本の様にビニール袋に入れてくれる店は多くありません。折りたたんでコンパクトになるエコバッグを持参しましょう。また、空のレジ袋を数枚スーツケースに忍ばせておくと、洗濯物を入れたり、お土産のパッキングに使ったりするのに便利ですよ。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物3.ビーチサンダル」

海外のホテルには、備え付けのスリッパがないことも。そんな時、役に立つのがビーチサンダル。もちろんスリッパでもいいのですが、お風呂やシャワーの後少し濡れても大丈夫なビーチサンダルは、一つあるだけでホテルで快適に過ごせます。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物4.ペットボトルのお茶」

日本でよくお茶を飲むという方には特におすすめしたいのが、お気に入りのお茶のペットボトルを持っていくこと。海外では水のペットボトルはどこでも手に入りますが、お茶のペットボトルは意外と手に入りづらいのです。やっと緑茶を見つけたと思ったら砂糖入り・・・という苦い経験をしたことも。特に暑い国に行く時にはゴクゴク飲めるお茶をスーツケースに忍ばせておくと安心ですよ。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物5.ペン、筆記用具」

機内で書く事の多い出入国カード。機内ではカードのみ渡されるので、手持ちのペンを持っているとスムーズに記入できます。その他にも、旅行中にちょっとメモしたいことがあるとき、小さいメモ帳と一緒に持っていると何かと便利ですよ。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物6.マスク」

空港や機内、ホテルは乾燥していることが多いもの。乾燥対策にマスクは欠かせません。また、訪れる国によっては、街中が車やバイクの排気がキツイところもあります。そんな時も、マスクがあると快適に過ごせますよ。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物7.除菌ウェットティッシュ」

日本のレストランでは、食事の前におしぼりが出てくるのが当たり前だと思いがち。でも海外ではそんなことはありません。トイレが有料のところも多く、ましてや手洗い場に石鹸まで備え付けてあるところは本当に稀。アルコール入りの除菌ウェットティッシュを持って行って、衛生面に気を遣いながら旅行を楽しみましょう。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物8.ストール」

私が海外に必ず持って行くのが薄手で大きめのストール。首に巻いてもよし、折りたたんで膝にかけてもよし。寒い空港での待ち時間や冷える機内、朝晩の寒暖差が激しい旅先でも大活躍間違いなしです。あまり厚いものを持っていくと携帯するのに不便なので、薄手のものがオススメですよ。

 

「海外旅行にあると便利な持ち物9.ファブリックミスト」

荷物を最小限にするために、旅先では同じ服を数日着ることもありますよね。洗濯するのが難しい洋服も、一日の終わりにファブリックミストをさっとスプレーしておくだけでリフレッシュ。ニオイが取れるほか、シワまで伸ばしてくれるものもあるので、お気に入りのものを見つけて持っていきましょう。

 

 

<これで完璧!チェックリスト>

 

「まとめ」

今回は、海外旅行をもっと快適に楽しむためにおすすめのアイテムをご紹介しました。出来るだけ応用のきくアイテムを選んで、荷物は極力身軽に行きたいものですね。ぜひ参考にして荷造りをしてみて下さい。あなたの旅行がこれらのアイテムでもっと素敵なものになりますように!

<このページの一番下まで見て下さいね!>
★記事は筆者の個人的な見解であり、当会・当サイトの見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

飛行に遅延は付きものです。まず、航空会社の飛行機遅延時の対応の大原則をお教えします。それは、“遅れても着けば、補償なし”です。飛行機と旅客の契約は“出発空港から到着空港までの旅客を運ぶこと”です。つまり、1時間遅れても1日遅れても、飛行機が目的地に着けば旅客と航空会社の契約は完了したことになります。よって、遅れても目的地に着けば補償は一切されません。僕が一番長かった遅延は20時間です。空港で11時に離陸する予定だった飛行機でした。チェックインを9時に済ませ、出国審査等をしてロビーにいました。すると、アナウンスが流れました。「11時発のパリ行きは機材の都合により、遅延します。時間は未定です。」とのことでした。遅延は良くあることなので、長くても2から3時も待てば出発するだろうと思っていました。すると、1時間くらい経つとパイロットとCAが、私が乗るはずの飛行機から出てきました。そして、乗客にこう言いました。「俺は飛びたくない!」そして、パイロットは去っていきました。英語だったので、聞き間違えかと思いました。が、出発ロビーは騒然となり、私は聞き間違えでないことがわかりました。お客さんの多くはGAに怒鳴り散らしていました。結局、その日は飛ぶことはありませんでした。そして、一番きつかったのは、出国審査をしたので、もう外には出られません。空港の外に出られないのです。GAからは、お弁当と毛布が配られました。いつ飛ぶかわからない飛行機を待ちながら、全員、ベンチで寝る羽目になりました。さて、早朝、GAがそわそわしています。そして、僕と目が合いました。そして、こそこそとGAは近づいてきました。さらに小声で僕に、「早朝初のパリ行きの飛行機、1席空きができました。しかもファーストクラスです。あなただけ、特別に先にご搭乗できます。どうしますか?」と言われました。ファーストクラスなんて、庶民の私は一生乗ることはないと思います。僕は、災難から一気にHappyになりました。飛びたくないと言ってくれたパイロットさんに、感謝しました。そして、優雅なフライトを堪能することができました!海外旅行、海外ボランティア、国際ボランティア、スタディツアー、学生旅行で世界にいってみてください。思いがけない体験がきっとできることでしょう。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。





みんなで行く海外旅行ツアー!メンバ募集中!ウユニ塩湖/アメリカ横断/オーロラ/セブ島/海外ボランティアなどが44,000円<詳細&旅の写真はこちら>




Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!