by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

イタリア=アルベロベッロ~世界遺産トゥルッリの可愛すぎる街並み~まるでおとぎ話の世界!

【ざっくり言うと・・・】
■南イタリア=アルベロベッロのトゥルッリの街並みが可愛い
■トゥルッリとは世界遺産に登録されたとんがり屋根のかわいいお家
■アルベロベッロに行くなら宿泊してマテーラ洞窟住居も立ち寄ろう!


歴史が古く観光地がいっぱいのイタリア。ミラノやローマなどの都会もいいけど、絵本に出てきそうな田舎の町も魅力的です。中でも、南イタリア=アルベロベッロのトゥルッリの街並みは360度どこを撮ってもおとぎ話の世界に飛び込んだようでかわいらしい!トゥルッリの魅力や行き方を紹介します。

「1.アルベロベッロのトゥルッリ=世界遺産に登録されたとんがり屋根の家

アルベロベッロは南イタリアの町のことで、トゥルッリは世界遺産に登録されたとんがり屋根の家のこと。トゥルッリはひとつの部屋にひとつの屋根が乗っていて、いくつかの部屋ととんがり屋根が集まって家になっています。開拓農民用の住居として16世紀に建てられたトゥルッリは税金逃れのためにすぐに家屋を壊せるようにと設計されているのが特徴です。どこまでもとんがり屋根と白い壁が続く景色はまるでおとぎ話の中にもぐりこんだようでかわいらしいですよね。

 

「2.屋根の模様はイタリアのおまじないのしるし

トゥルッリにはひとつひとつハートや十字架などのマークが入っています。三日月と十字架は魔除け、太陽はキリスト、ハートはキリストやマリアの心臓など、いわゆる「おまじない」だそうです。一見すると何の模様かわからないものも多いですが、かわいいマークを探して散策してみるのも楽しいですね。白い壁にきれいなお花があるのもまた写真映えするので、いろんな写真スポットを探してみましょう!

 

「3.アルベロベッロの行き方=ローマやナポリから電車で6時間!日帰りは難しいので宿泊しよう

イタリアの国の形はブーツにたとえられますが、アルベロベッロはブーツのかかとのあたりに位置します。ローマやナポリはすねあたりに位置するのでなかなか距離があり、鉄道Trenialiaでバーリ駅まで約4時間、バーリ駅からアルベロベッロ駅まで私鉄で約1時間半と合計6時間近くかかります。アルベロベッロ駅からトゥルッリが立ち並ぶ旧市街までは徒歩10分なのですが、日帰りは難しいので宿泊しましょう!トゥルッリはレストランやホテルにもなっているので、トゥルッリに泊まることもできますよ!黄色いライトにぼんやり照らされた夜のトゥルッリもまたノスタルジックです。

「4.時間があればマテーラの洞窟住居も行ってみて!

南イタリアに位置するマテーラは渓谷の岩肌を削ってできた洞窟住居の町。約7000年前にキリスト教徒が住んでいた洞窟住居群で、マテーラもまた世界遺産の一つです。アルベロベッロからマテーラまで公共交通機関では行きにくいですが、ホテルからのシャトルサービスがあることがほとんど。1時間程度でいけるのでぜひ時間があれば立ち寄りましょう!

「5.まとめ ローマやナポリから1泊!おとぎ話のようなアルベロベッロと洞窟だらけのマテーラへ

公共交通機関で日帰りは難しいけれど、1泊すれば楽しめるアルベロベッロとマテーラの世界遺産。イタリア=ローマやナポリに来たなら足を延ばして1泊する価値あり!ローマの歴史地区やナポリの海岸沿いともまた違う、洞窟住居やとんがり屋根の街並みと郷土料理を楽しみましょう!

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

2度目の海外ボランティアはベトナムでした。海外はやはり不慣れなもので、翌日からは何だかずっとお腹の調子悪かった。2日目の朝食の後は、水道水を飲んでいないにも関わらず、下痢症状に見舞われ、合計で5時間はトイレに入っていた。日本に帰国するとどんな状況にも適応できるようになる気がする。そんなこんなで無事終了。私は、前日の夜に書いた手紙を現地で仲良くなったリーさんに渡し、空港へと向かいました。リーさんは、みんなで一緒にいこうと中華料理屋へ誘ってくれたこともある。スタディツアーとはよくいったもので、その場へ溶けこんで作業をするためには、まず人と積極的に接する勇気が必要。中にはしょっちゅう現地のいろんな人に食事に招かれている人もいる。帰りの便まではまだ、時間が少しあったので、おみやげ屋を巡ろうとしたが時間がなく、飛行機の中へ急いで入っては、そそくさとベトナムを旅立つ事となりました。ちなみに去年のカンボジアでは、バスの中でカラオケなどをして騒いで、あとにきた罪悪感から、ガイドさんに少しのおみやげを渡したことを思い出しました。別れ際にみなで号泣するようなこともなく、笑顔で終わったことを覚えています。約5時間のフライトの後、無事成田空港に到着しました。そして、東京駅で一人と別れ、数人でJRに乗り、降りるギリギリまで話をして、ホームで別れ、私はさらに横浜の方へと向かいました。一人になったとたんに大きなため息がでて、そして、本当にありがとう!!という気持ちがわいてきた。自分の人生にこの経験が活きるようなハイな感覚になった。1時間の電車の中で話しっぱなしだったけど、ほんとに楽しかった!!!素晴らしいメンバーに出会えて良かったし、最初は政治の影響で治安も悪いと聞いていたのでどうなるか不安だったけど、やっぱり良い国でした。家に着いたら、すぐに実家へ連絡して、駅で買ったお弁当を食べながらSNSを見て、シャワーを浴びて寝床についた。そのあとに、もしかしたら向こうで死んでしまうかと思い、遺書を書いていたことを思い出して、急いでやぶり捨てた。やれるやれないより、決断あるのみというのが、説明会終了後のの意見だった。やってみた後でも、異文化社会での国際ボランティア活動に必要なものは今の段階ではわからない。それよりも気持ちが通じるという自信を持ち続けることが大切なのかもしれない。今にして思うのは、自分も海外旅行、学生旅行さえも全く経験がないにも関わらず、行けばなんとかなるということだ。ボランティア活動はこちらが一方的に与えるものではなく、逆に学ばせていただくという姿勢が大切だと感じた。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!