by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

女子一人旅で初めての韓国旅行での注意点3選!危険回避術2019年2020年決定版

【ざっくり言うと・・・】
■文化や習慣に違いがあり、日本と一緒ではない
■移動の際は横断歩道の横断に注意する!
■トイレでは紙を流さない!市場での値切りをやりすぎない


 

海外旅行先として常に上位にランクインしている韓国。
距離的にも近く、同じアジアの国ですが習慣や文化は日本と大きく違います。

食べ物や観光地巡りと楽しめるのですが初めての方は少し不安もあるのではないでしょうか?
そこで今回は初めての韓国旅行で注意しないといけないことを3つご紹介します。

 

1.車のマナーが悪いので横断歩道の横断には気を付ける!

韓国は日本と同じく横断歩道の信号は青と赤で渡り方も一緒です。
信号が点滅し始め青から赤に変わりかけているとき渡ろうかどうしようか迷いますよね?
この時に注意が必要です。

韓国では日本ほど車のマナーが良くありません。
歩行者用の信号が赤になった瞬間、車が急発進!ということもよくあります。

狭い路地なども多いため市場などに向かう際にはバイクなどにも注意が必要です。
特に子供などと一緒に旅行する場合には必ず手をつないで歩くようにした方がいいです。

日本と同じ感覚で渡ろうとすると非常に危険なので歩行の際は注意しましょう。

 

2.屋台や市場などでの値引き交渉はやりすぎない

人気観光地の一つである南大門(ナンデムン)や広蔵市場(クァンジャンシジャン)には様々な屋台が並んでいます。
定番メニューであるトッポギやキンパ、SNS映えすることで最近有名なレインボー綿あめなどたくさんの料理を楽しむことができます!
店員さんも優しく積極的に声を掛けてくれますしサービスしてくれたりすることもあります。

屋台グルメ散策の醍醐味の一つとして値引き交渉がありますがやりすぎには注意が必要です。
どの屋台でも値切りしてくれるのかというとそうではありません。

特に飲食屋台(ポジャンマチャ)では最初から安く、適正価格に設定してあるため地元の人でも値切りをしないのが一般的です。
必要以上に値切り交渉をしたりすると喧嘩や周りからのひんしゅくを買ってしまうこともありますので注意が必要です。

どうしても安くしたいと思った時は友達の分も合わせてまとめ買いするなどお互いが納得するような提案をこちらからしてみるのも一つの方法です。

 

3.トイレでは紙が流せるか確認する

トイレを利用するときに注意すべきなのがトイレットペーパーが流せるかどうかです。
韓国のトイレは下水のインフラ整備が進んでいないところが多くトイレットペーパーを流さないのが一般的です。
見た目は日本にもあるようなトイレですが、いつも通り流そうとすると詰まってしまう恐れがあります。

トイレでは必ずトイレットペーパー用のゴミ箱が横に置いてあるのか確認してあった場合はそこに捨てましょう。
比較的外国人が多く訪れるデパートや博物館などはトイレットペーパーを流せるところが増えてきていますので子供などがいて不安な場合はそのような場所で用を済ませることがいいでしょう。

またホテルなどでも外国人観光客の宿泊が多いためそのまま流せるところも増えてきました。
宿泊の際は事前に確認するなどして注意するようにしましょう。

<このページの一番下まで見て下さいね!>
★記事は筆者の個人的な見解であり、当会・当サイトの見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・私が海外旅行に行くようになったのは、大阪でスキューバダイビングライセンスを取得したことがきっかけでした。友人の付き添いのような感じで取得したのですが、いざライセンスを持つとやはり海に行きたくなりますよね。そうして日本のあちこちを周り、次は海外へ行ってみたくなったんです。やはり外国の海と日本の海では違うと聞きます。子どもも独立して今がチャンスだと思い、海外旅行に行くようになりました。色々と手助けしてくれたのは長女でした。長女は大学生の頃から学生旅行に行くのが好きな子だったんです。福祉に興味を持っていて、いわゆる国際ボランティアといって海外ボランティアなどもしていました。学生時代もスタディツアーなどに参加していましたし、親の私よりもずっと海外に慣れています。私の年齢でも海外ボランティアが出来ることを知りました。最近では、海外ボランティアを海外旅行のように楽しむ人も増えているそうです。ボランティアとして色々なことに尽力しつつも、現地を観光してお金を落としたり、何より現地の自然や文化を楽しむそうです。今時の国際ボランティアって違いますね。しかし、これが私にはピンと来ました。こうして観光のみの海外旅行に行ったり、海外ボランティアとして行ってみたり。現地に海があれば、スキューバダイビングを楽しみます。スキューバダイビングライセンスのおかげで、海に入る楽しさを知りました。やはり現地によって海の感じって全然違うのですね。海好きな方があちこち行く理由がわかりました。先日も海外に行ってきました。国際ボランティアの団体を通して、現地で日本文化を伝えるイベントに参加。海外でのボランティアというとハードな活動をイメージされる方が多いのですが、まさに自分に出来ることから始めることができます。私も自分に出来ることを楽しみながらやらせて頂くことが多いですよ。こういった活動をすることによって、心がどんどんと豊かになってきています。海の美しさ、風の心地良さ、現地の方々のあたたかさ。そういったものに触れ、素直に感情を表現できるようになりました。人生、どんなきっかけで変わっていくかわからないものですね。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!