by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

グアム!パンケーキが人気のレストラン5選ランキング!朝食はコレ

パンケーキがおいしいレストランをご紹介!2018年2019年2020年2021年2022年のグアムのインスタ映えスポットにツアー/観光に行きましょう!南米、ウユニ塩湖旅行/お奨めダイビングポイント/人気のダイビングショップの必勝法を暴露します!

★グアム、サイパン、北マリアナ諸島などいろいろな場所に宇宙最安値で行けるツアー/海外旅行サークルの参加メンバーを募集しております⇒<旅仲間募集中!>募集の詳細はこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

↑↑ウユニ塩湖やアメリカ横断、ハワイ、セブ島などのビーチリゾートなど、海外ボランティア0円~↑↑↑

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行/海外ボランティアに行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★この記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

【テストライティング分】
日本から約3時間半、時差も1時間しかないグアムは、お手軽ビーチリゾートとして女子旅、カップル、家族旅行にも大人気ですよね!
せっかくグアムに行ったなら、朝食もいつもとは違うアメリカンな食事を楽しみたいものです。
今回は、日本でも朝食に大人気の美味しいパンケーキが食べられるレストランを5つご紹介します。

1.日本未上陸、味を自分でカスタマイズできる「ihop」
2015年の7月にグアム・プレミア・アウトレットの敷地内にオープンした「ihop」は、ツーリストだけでなく地元の人たちにも大人気の朝食メニュー専門レストランです。
あまりの人気に、2016年の8月には人気ホテルが立ち並ぶタモンエリアにあるザ・プラザの1階にも2号店がオープンしました。
こちらのパンケーキがおすすめな理由は、テーブルに置いてある4種類のソースでカスタマイズできること。ボリューム満点の大きなパンケーキに好みのソースをたっぷりかけていただくと、幸せな1日が始められそうですね。

GPO店
【住所】グアム・プレミア・アウトレット敷地内
【電話】969-4467
【営業時間】6:00-22:00
【休日】なし

2.ローカル1番人気のパンケーキを食べるなら「キングス・レストラン」
グアムのファミリーレストラン「キングス・レストラン」は、気軽にチャモロ料理が楽しめるお店として観光客にも人気ですが、ローカルのおすすめは何と言ってもパンケーキです。
ふわふわのパンケーキにはマーガリンとシロップがたっぷりと添えられ、3枚重ねで食べ応えも十分です。1人で食べるにはちょっと多いかなという方は、お友達とシェアして食べるのもいいですね。
その他のメニューもリーズナブルなので、家族旅行にもおすすめです。

GPO店
【住所】グアム・プレミア・アウトレット敷地内
【電話】647-5464
【営業時間】24時間
【休日】なし

3.グアムでもやっぱりここが好き「エッグスン・シングス」
日本にも大人気の「エッグスン・シングス」は、グアムリーフ&オリーブ・スパ・リゾートの敷地内にあります。
山盛りのホイップクリームはグアムでも一緒ですが、日本と使用している粉が違うので生地はしっとりふわふわです。
日本では並ばなくては食べられないショップも多いようですが、グアムではそこまで待たなくても人気店の味を楽しむことができます。
店頭で販売しているホットケーキミックスは、お土産にも人気ですよ。

【住所】グアムリーフ&オリーブ・スパ・リゾート敷地内
【電話】648-3447
【営業時間】7:00-14:00
【休日】なし

4.南国っぽいパンケーキを食べたいなら「アジアンビストロ・ジャ」
グアム・プラザ・ホテル内にあるレストラン、「アジアンビストロ・ジャ」では日本ではめずらしい南国っぽい味のパンケーキを食べることができます。
おすすめは日本でも幸せの紫色としてテレビで話題になった、ウベ・パンケーキ。山芋の一種であるウベをペースト状にして生地に混ぜてあるので、パンケーキ全体が鮮やかな紫色をしています。さらに、表面にウベのホイップクリームとウベのソースをかけていただきます。
こちらのパンケーキは、小ぶりですが厚みがありふわふわ。サイズ感も日本人にちょうどいいですよ。

【住所】グアム・プラザ・ホテル内
【電話】646-7803
【営業時間】7:00-10:30、11:30-14:00、18:00-21:00
【休日】なし

5.写真を撮りたくなるかわいいパンケーキなら「クラックド・エッグ」
タモン・ベイ・センターの中にある、卵料理専門店です。
オムレツやフレンチトースト、エッグ・ベネディクトも人気ですが、パンケーキを食べるならおすすめなのがレッド・ベルベットです。
赤い着色料を使っているので、日本ではありえない真っ赤な色のパンケーキに白いホイップクリームがのっており、見た目はとってもアメリカン!
見た目に反して予想外に優しいお味で、ほろほろと崩れる軽めの生地なので、グアムに行ったら一度試していただきたいパンケーキです。

【住所】タモン・ベイ・センター内
【電話】648-0881
【営業時間】24:00-14:00
【休日】なし

まとめ
日本でもまだまだ人気のパンケーキは、グアムでも定番の朝食メニューとして愛されています。
朝からふわふわのパンケーキをほおばれば、幸せな気分で一日が始められそうですよね。
お好みの味を見つけて、グアムの朝を楽しんでくださいね!

★記事は筆者の個人的な見解です。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行/海外ボランティアに行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★この記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

・アジアとヨーロッパの中間地点。商人が行き交うシルクロードの旅。美しいブルーモスクと商売人の歴史を体感しに、学生旅行でウズベキスタンに行くのはいかがでしょうか。皆さん、ウズベキスタンと聞いてどんな国だと思いますか?イスラム教が栄える国、砂漠が多そう。はたまた〇〇スタン系の国じゃないw?と様々でしょう。私も海外旅行に行く前は「ウズベキスタン?よく分からない!」とそんな感じでしたが、私が学生だった頃、スタディツアーや国際ボランティア、海外ボランティア等で様々な国に訪れましたが、今思い返してみるともう一度旅行してみたいと思う国の一つです。なんといってもオススメは、サマルカンドにあるレジスタン広場!サマルカンド・ブルーといわれる鮮やかな青色とレンガの造りの建造物が織り成す景色は圧巻です。その国の世界遺産に触れることも海外旅行の醍醐味といっていいほど、ウズベキスタンに旅行に来たら是非とも訪れてほしい場所の一つです!広場にはマーケットもあり、日本では見られない食物や品物が多く購入することもできます。特に印象的だったのは、職人が作るオーダーメイドの鶴の形をハサミ。紙もよく切れて、オシャレな見た目なので帰国後もよく使ってます^-^海外旅行と聞くと英語ができないと不安と思う人も多いかと思います。しかし、日本人に対してとても優しく接してくれ、拙い英語でもなんとかコミュニケーションできました。また、商人が行き交う国だからか、みんなかなり押し売りしてくるところもあります。基本的に高値で売ってくる、もしくは販売していることを前提にしていると思っておきましょう。日本のお店ではあまりやらない「値切り」も自然と体験できるというのも面白いです。ウズベキスタン旅行。美しい世界遺産と商売人との触れ合い、今年の海外旅行、是非ともウズベキスタン旅行のはいかがでしょうか。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!