by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

機内でジャージがおすすめ!?国際線を快適に過ごせる服装は?

【ざっくり言うと・・・】
■ジャージなどの部屋着は機内でとても楽に過ごせる
■体を締め付ける服装はエコノミー症候群の原因なので絶対に避ける
■人前にジャージ姿を晒したくない人は伸縮性のある服を着るべき


長距離フライト、長時間となる国際線の機内は長時間狭い席に座って同じ体勢を取らなくてはならないのでとても大変です。しかし楽な服装で過ごすことで負担を減らすことは可能です。そこで今回は国際線の機内で楽に過ごすための服装をご紹介します。特にジャージはとても楽な体勢で過ごせる服装と言われています。

「1.国際線の機内で楽な服装とそうでない物:ポイントは締め付けの無い服」

国際線の機内で過ごす上で楽な服装と言われているのはジャージ・パジャマ・スウェットなどのいわゆる部屋着として使用する服です。これらは体を締め付けない仕様の服なので狭い機内でも快適に過ごせます。またトイレに行く際も楽に移動することができます。逆におすすめできないのがジーンズです。ジーンズは硬い素材を使用しているため長時間乗り続ける国際線ではとても疲れてしまいます。またスカートも下半身が冷えやすくなってしまうのでおすすめできません。

「2.体を締め付ける服装はエコノミー症候群になってしまう」
国際線の機内は同じ場所で同じ体勢を長時間取らなくてはなりません。しかし同じ体勢でずっと座っていると腰や下半身が血行不良を起してしまいます。これはいわゆるエコノミー症候群と呼ばれるもので体内の血液の流れを悪くして血栓が出来てしまう事があります。血栓が出来ると呼吸困難に陥ったり酷い場合には命の危険にされされることもあります。エコノミー症候群を避けるためにも機内で過ごす際は出来るだけ体に負担がかからない服装を着るように心がけましょう。

「3.ジャージは楽だけど人前で着たくない!」
ジャージは国際線の機内で過ごすにはとても楽な服装です。しかしいくら楽だとは言え機内にはたくさんの旅客の目があります。普段部屋で着ているジャージを機内で着るのはカッコ悪いものです。せっかくの海外旅行なのに人前でカッコ悪い姿を見せるのは誰だって嫌なはずです。たとえ楽な服装とは言え公衆の面前である以上はある程度の配慮をした服装を心がけるべきです。

「4.部屋着で過ごす人もいる。要は考え方次第」
人前でジャージやスウェットを着ている姿をさらけ出すのはとてもカッコ悪いです。しかし国際線の機内には部屋着の様な服装で過ごしている人もたくさんいます。実際に国際線に乗ると離陸時と食事と着陸の際は機内の明かりは点いていますがそれ以外の時間は窓を閉め切ってライトも消してしまいます。そうなると自分がどのような服装をしているかは他人には見られません。特に北米や欧州の様な長距離の国際線の場合、明かりが点いていない時間の方がはるかに長いです。また国際線の機内は友人などの同席者以外は自分とは無関係な人達ばかりです。おそらくほとんどの人達が飛行機を降りたら二度と会わない方々ばかりでしょう。無論国際線の機内はドレスコードなど存在しません。そう考えたら自分がどのように見られても気にする必要は無いのではないでしょうか?国際線の機内でどのような服装で過ごすか。それは人それぞれの考え方次第です。

「5.ある程度見た目を配慮した機内でのおすすめの服装」

国際線の機内はエコノミー症候群を避ける意味でも出来るだけ楽な服装で過ごすべきです。だからと言ってジャージやスウェット姿を人前に晒すのは嫌な人も多いはずです。そこで機内で楽に過ごせて尚且つ人に見られても恥ずかしくない服装をご紹介します。まず下の服装はパンツがおすすめです。特に柔らかくてストレッチ性のあるパンツならば腰回りを締め付けないので楽に過ごせます。スカートを履く場合は丈が短い物ではなくロングスカートならば足元を冷やさずに過ごせます。上半身はTシャツを一枚着て、その上からセーターを重ね着します。機内は冷え込みやすいので搭乗時は熱くても時間が経つにつれて寒くなることもあります。そのため脱ぎ着しやすい上着を羽織ることで温度調節がしやすくなります。ただしパーカーの様なフードが付いている上着は寝る時に首が疲れてしまうのでおすすめしません。

「6.機内を快適に過ごすためのアイテム・スリッパ、マスクなど」

国際線の機内で楽に過ごすために持っておくべきアイテムをご紹介します。まずはスリッパです。機内で長時間に渡って靴を履いたままでいると足が蒸れてしまったり血行が悪くなってしまいます。スリッパに履き替えれば足を締め付けませんし履いたままトイレにも行けます。ちなみにビジネスクラス以上だと使い捨て用のスリッパが用意されていることもあります。もう一つのおすすめアイテムはマスクです。機内は空気が乾燥しやすいので喉と鼻の調子が悪くなってしまう事も多々あります。そこでマスクを着用する事で乾燥を防止します。それでも乾燥が気になる人はCAに頼んで水を貰って適宜飲むようにしましょう。

「7.まとめ」
国際線の機内はジャージやスウェットの様な部屋着に用いられる服装だと快適に過ごせます。見栄えを気にしない方は普段の部屋着を着ても構いませんが、恥ずかしくて着られないという方は伸縮性のあるボトムや冷え込み防止の上着を用意しましょう。どちらにせよ長時間のフライトを過ごすための対策は必要不可欠です。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!