by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

ヨーロッパでショッピングNG非常識集~高級ブランド店でのマナー~

【ざっくり言うと・・・】
■ヨーロッパでショッピングするときに知らないと恥ずかしいこと
■ブティックの店員さんとのトラブルを避けるためのノウハウをご紹介
■マナーを知らずにNGなことばかりしてイヤな思いをしたくない人のために


海外旅行で、楽しみなのはやっぱりショッピング。現地で最新の物を手に入れたいと、いざ高級ブランド店へ。でもなぜか店員さんにイヤな顔をされた・・・。そんな不愉快な経験をしないために覚えておきたい、ヨーロッパのブティックでNGなこと5選をお届けします。

5位:ラフな格好で高級ブティックに行くのはNG!

日本ではOKな全身カジュアルブランドにブランドバッグのコーデですが、ヨーロッパではあり得ません。お店のブランドのレベルに合う格好で行くのがヨーロッパでは一般的です。幼く見られてしまう日本人がラフな格好で一流店に行っても、どうせ冷やかしに違いない、と相手にしてもらえない可能性が大きくなります。

 

4位:閉店間際に行くのはNG!

日本で閉店時間と言えば、その時間まで店員さんは対応してくれますが、ヨーロッパでは閉店時間は文字通りお店を閉める時間。10分前ぐらいにはレジも閉まり、お客さんは外に出され、閉店準備になってしまいます。それを知らずに閉店間際に行っても、対応してもらえない可能性が大きいので、ヨーロッパでは閉店間際は避けるのが正解です。

 

3位:大きな金額を現金払いはNG!

ヨーロッパではあまり現金を使いません。現金社会の日本から来て、その感覚で高額紙幣を出すと嫌がられます。50ユーロぐらいまでは普通に使えますが、それ以上はなるべくカードを払ったほうがスマートでしょう。また、ニセ札防止対策や安全のため、100ユーロ以上の紙幣は受け取らないお店もありますのでご注意を!

 

2位:勝手に商品に触るのはNG!

お店はスーパーなどを除き、基本的に店員さんに頼んで商品を取ってもらったり、出してもらったりするのがマナーです。勝手に触ると怒られる場合もあるので、必ず触ってもいいか確認してからにしましょう。

1位:挨拶をしないでお店に入るのはNG!

ヨーロッパでは、お客さんと店員さんは対等な立場です。まず、お店に入ったら挨拶をしましょう。しないでいると、相手にしてもらえません。そして、帰りも忘れずに挨拶してからお店を後にしましょう。知らずにマナー違反してしまうことは恥ずかしいことですよね。

 

まとめ

日本人だから、バカにされた。アジア人だから差別された。そう思う前に、ヨーロッパでは日本の常識は通用しないと考え、ヨーロッパ式にしてみましょう。店員さんがきちんと対応してくれるはずですよ。お互いに気持ちよくいられるために、ヨーロッパのマナーを学んで試してみてください。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!