by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

危ない!あなたのその行動狙われています!~保存版!ヨーロッパで安全に旅行するためのテクニック5選~

【ざっくり言うと・・・】
■現金はなるべく持ち歩かないようにしよう
■高級品を身に着けたら人混みは避けよう
■ATMはなるべく道沿いは避けて


日本ではカジュアルブランドを着ていても高級ブランドの財布やカバンを持つことは普通ですよね。でもヨーロッパで同じことをするのは、「お金を持っています!」のアピールになってしまいます。トラブルを避けるために、どうすればいいのか?何がNGなのか?ヨーロッパを安全に旅するテクニック5選をお届けします。

5位:お店で高額紙幣を使わない!

ヨーロッパでは、日本の1万円の感覚で100ユーロ札を使うと、トラブルの原因になります。お店によっては安全対策のために高額紙幣は一切受け取らない場合もあります。ご自身の安全のために高額紙幣を持ち歩かなくて済むようにするためにも、両替の際はできるだけ50ユーロまでのお札にしてもらえるよう頼みましょう。

4位:高級ブランドの袋を持って歩かない

日本ではブランドショップの空き袋に、全く関係のないものを入れて使いまわして持ち歩くことがあったりしますよね。でも、ヨーロッパでは絶対にやめましょう。スリやひったくりのターゲットにならないよう、そのお店の帰りにもなるべくロゴが見えないようにするか、紙袋は捨ててしまうほうがいいでしょう。

3位:ブランドものなどの高級品を身に着けて人混みを歩かない

服やバッグの目立つものから、財布まで、ヨーロッパで高級ブランドを持っている人たちは少数派です。人混みを目立つ格好で歩くことを避けるだけでなく、なるべく身に着けないようにしたほうが賢明です。特に公共交通機関は避けましょう。

2位:カードと財布を同じ場所に保管しない

日本ではクレジットカードやデビットカードは財布の中に入れることが多いですが、ヨーロッパではカードとお金はできるだけ分散させて持ちましょう。もしもスリやひったくりの被害にあっても、最小限のダメージですみます。繰り返しになりますが、できれば高級財布は避けましょう。どこかで目をつけられたら、たとえ少額の現金しか入っていなくても、財布目的のひったくりに合うかもしれません。

1位:ATMで大量の現金をおろさない

ヨーロッパでは、あまり現金を持ち歩きません。フランス人は20~30ユーロしか持ち歩かず、必要ならその都度おろします。日本のように数万円単位でおろして持ち歩くことは非常に危険です。また、ATMを使う際は道沿いの機械ではなく、なるべく銀行構内のスリやひったくりの逃走経路が確保しにくい場所でおろしましょう。もちろんその際も、周囲に気を配ることも忘れずに。暗証コードの入力時は、ボタン部分がまわりから覗かれないよう、手などで隠しましょう

まとめ

安全な国日本から行くと、ヨーロッパは危険な国々に思えるかもしれません。日本では当たり前なことも、ヨーロッパでは挑発行為とみなされる場合も。せっかくの旅行でトラブルに合わないように、くれぐれも違いを理解して、ヨーロッパの人がするようにしてみましょう。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!