by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

低予算でコスパ最高!10万円でお奨めの海外旅行先5選!

【ざっくり言うと・・・】
■低予算で行けるのは韓国だけじゃない!東南アジアや太平洋のニューカレドニアまで行ける!
■グルメ・リゾート・歴史・エステ・無人島など最新情報をギュッとつめてご紹介します。


海外旅行となると、たくさんお金を貯めていかなきゃと思いがちですが、10万円以内で行ける国はたくさんあります!
この記事ではコスパが良い旅行先を5カ国厳選!国ごとに満喫してほしいオススメの観光スポットやグルメなどを紹介していますので、あなたの旅行プランにぜひ活用してください。

「1.5位 シンガポールのセントーサ島でUSJやプールを満喫!ダブルで行くとチケットがお得」

 

治安がよくキレイな街で一度は行ってみたい国シンガポール。初めての海外旅行という方にもおすすめです。
マーライオンや空に浮かぶプールがあるマリーナ・ベイサンズホテルは言うまでもなく有名スポットですが、今回オススメするのはセントーサ島です。
ここには東南アジア初となる「ユニバーサルスタジオ・シンガポール」があり、大人気の観光スポット。日本にはないアトラクションも多いので、日本のUSJとは違った楽しさがあります。

また暑いシンガポールで楽しみたいのが「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」です。
スリル満点の6つのウォータースライダーの中には、ゴムボートに乗ってジェットコースターのように上昇し滑り降りるというものも。
また「レインボー・リーフ」という海水のプールの中には、2万匹以上の熱帯魚いて、一緒に泳げたり餌付けもできちゃいます。
ユニバーサルスタジオとセットになっているチケットが、割安で販売されているのでお得に行けますよ。

「2.4位 大都会・歴史・リゾートをまるごと楽しめるタイ」

大都市バンコクは都会でありながら治安が良く、女性が一人で歩いても安全と言われている街です。ショッピングモールも多く、スパやレストランも豊富。
またタイと言えば有名な三大寺院、「ワット・ポー」「ワット・プラケオ」「ワット・アルン」があり、水上バスで巡ることができます。
歴史に興味がない方でも、圧巻の迫力に言葉を失ってしまう「巨大な黄金の寝仏」や、神秘的な「エメラルド仏」は是非その目で見てください。
注意したいのが、寺院を訪れるときは服装です。サンダルやミニスカートなどの軽装は入場を断られる場合もあります。上着を用意しておくと便利です。

そしてタイのリゾートといえばおなじみ「プーケット島」ですが、他にもたくさんの離島があります。
フルムーンパーティで有名なパンガン島、映画「ザ ビーチ」の舞台となったピピ島、スワナプーム国際空港から車で1時間半ほどで行けるパタヤビーチなど。

一つの国で「大都会、歴史、リゾート」を楽しめるのはタイならでは。物価も安いので、低予算で思いっきり楽しみたい方にオススメです。

「3.3位 バリ島で至福のエステ三昧!高級スパを日本の半額以下で体験」

インドネシアのリゾート地「バリ島」は、言わずれ知れたスパ大国。日本で受けると何万円もするアーユルベーダが半額以下と激安です。特におすすめはロングスパと呼ばれる3~5時間の長い時間をかけて行うもので、「ボディ・フェイシャル・ヘッドスパ・シロダーラ」それに食事がセットになっているツアー。

アーユルヴェーダの中でも最も人気があるシロダーラは、額に温めたオイルを垂らして行う、別名「脳内マッサージ」とも呼ばれているスペシャルメニューです。パソコンやスマホで疲れた目や肩、日頃のストレスをとってくれるだけでなく、髪までツヤツヤになるというから驚き。
お友達同士で個室を利用できるプランやカップルプランもありますので、是非試してみてください。

「4.2位 話題の台湾でグルメ三昧!小籠包にマンゴーかき氷、本場の烏龍茶を満喫しよう」

台湾といえば美味しいものがたくさん。まず食べたいのはの飲茶、小籠包。やはり不動の人気は日本にもお店を構える鼎泰豊(ディンタイフォン)ですが、この記事でオススメするのは「明月湯包(ミンユエタンパオ)」というコスパ良し、味良しのお店です。

【明月湯包 本店へのアクセス・詳細情報】
店名:明月湯包 本店
TEL:(+886) 227367192
住所:台湾台北市大安區基隆路二段162-4號
営業時間:11:00~14:00/17:00~20:30
URL:https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540318/54000471/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/B4pwjHymKJUqsR1t8

続いてはマンゴーかき氷をご紹介。これを食べるためにわざわざ台湾を訪れる人もいるという、超人気店「冰讃(びんさん)」です。
ふわふわの氷に乗ったとろけるようなマンゴーは、誰もが感動を隠せない絶品の味!
マンゴーが旬じゃない冬季は営業していませんので、事前に調べてから訪れるようにしてください。

【冰讃へのアクセス・詳細情報】
店名:冰讃
TEL:(+886) 0225506769
住所:台湾台北市大同区双連街2号
営業時間:11:00~22:30
※毎年4月中旬~10月頃までのシーズン限定で変動あり
URL:https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540313/54000158/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/LSdaC9QE2sYgZRJc8

本格的な烏龍茶の発祥の地である台湾。最後にご紹介するのは美味しいお茶を最高の景色で楽しめる「阿妹茶酒館(あーめいちゃーろう)」です。
ここはジブリ映画「千と千尋の神隠し」でも話題となった舞台
おすすめは夕暮れ前に入店すること。暗くなってくると、路地に赤提灯が灯りはじめ、幻想的な風景へと連れて行ってくれます。

【九份阿妹茶酒館へのアクセス・詳細情報】
店名:九份阿妹茶酒館
TEL:(+886) 224960833
住所:台湾新北市瑞芳区崇文里市下巷20号
営業時間:8:30~26:30
URL:https://tabelog.com/taiwan/A5403/A540302/54000011/
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/zeBH7vzRV7D3xn8v5

「4.1位 ニューカレドニアのビーチへGO!マルシェで仕入れたサンドイッチを持って無人島でピクニック。」

ため息が出るほど美しい海があるニューカレドニア。ここでの素敵な1日の過ごし方をご紹介します。
まず朝起きたらヌメア市内にあるマルシェへ出発。新鮮なフルーツや採れたてのシーフードがリーズナブルで、その場で食べることもできます。
カフェも併設されていて、朝はパンにコーヒーやカフェオレをオーダーする地元の人や観光客で賑わっています。
ここでもパンやキッシュなどを多めに買い込み無人島へ出発。

高級ホテルが並ぶアンスバタエリアからタクシーボートで5分ほど行くと「カナール島」に到着。ここはレストランが1件のみで、シュノーケリングやSUPを楽しむことができます。お腹が空いたら買ってきたパンを食べたり、レストランでお酒を楽しんだりとのんびり過ごしましょう。
午後はヌメア市内の中心地である「ココティエ広場」でショッピングが楽しめます。

「5.まとめ 10万円あればすぐに行ける海外5カ国で、グルメもリゾートもお得に楽しみましょう」

10万円以内で行ける海外旅行先5カ国をまとめました。「海外のグルメを味わいたい」「日常を忘れてリゾートでのんびりしたい」など、あなたの願望にあわせたプランを選んで、心ゆくまで海外旅行を満喫して下さい。

 

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

 

・学生旅行などで初めて海外旅行がしたい場合、どこに行こうかと迷う人も多いと思います。そんなときのお勧めの行き先はシンガポールです。治安は抜群に良いし、海外に行くと移動手段をどうしようと思う人も多いかもしれませんが、国が小さくてインフラが発達しているので、電車でどこへでも行けます。特に東南アジアのカルチャーを体験してみたいけど、最初から怖いのは嫌だ、という人にとってシンガポールはおすすめです。多文化の国なので、マレーシアやインドネシア、インドなど近隣の国の食事やカルチャーが自然に街の一部となっており、自然に体験することができるうえ、東南アジアの多くの国のような危険さがありません。でも、もし海外ボランティア、国際ボランティア、スタディツアーといった、もっと国際的に貢献をするという旅行をしたい方にとっては、シンガポールはちょっと物足りないうえに、機会も少ないかもしれません。なにしろ下手すると日本より豊かな感じの国なので、ボランティアなどをするような場面は、もちろん住民の人たちにとっては豊富にあるものの、わざわざ海外に出かけていって困っている人を助ける、という意味であれば、もうちょっと違う場所に行きたいことと思います。フィリピンやカンボジアなどがそういった例でよく聞く国ですが、意外とマイナーな穴場で良い経験ができそうなところでおすすめなのがミャンマーです。ミャンマーは、ついしばらく前まで鎖国していて、今急にショッピングモールなどが出来てなんとなく恰好がついてきたような、いわば急成長の国です。ヤンゴンの街を歩けば、あんまりリッチそうとはいえないまでも、それほど貧乏な感じはしません。ただ、一歩地元の市場などにいけば野菜にハエがたかり、ろくにごはんを食べていなさそうな貧しい人たちがまだまだ多く、助けを必要としています。実際に、JICAなどから多く人が派遣されています。旅行の場としてもミャンマーは大変面白い場で、仏教が栄えて長い歴史を誇りますので、見ごたえのある遺跡が沢山あります。エリートが日本語を勉強するような風潮もありますので、ちょっと探せば、日本語で案内してくれる現地の良いガイドさんを見つけることもできます。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!