by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

女子一人旅でお奨めならシンガポールのビンタン島!シンガポールからフェリーで1時間!ちょっと足を延ばしてリゾート地ビンタン島へ

【ざっくり言うと・・・】

■シンガポールから1時間でリゾートアイランド・ビンタン島へいける
■ベストシーズンは6~9月!赤道直下だから年中常夏
■ビーチアクティビティやゴルフ、新鮮なシーフードを楽しめるよ


シンガポールから一番近いビーチリゾート、ビンタン島。実はビンタン島はシンガポールではなくインドネシアなのですが、なんとフェリーで1時間で行けるほど近いんです!ここでは、シンガポールへ行ったらぜひ立ち寄ってほしいインドネシア=ビンタン島の魅力を紹介します。

「1ビンタン島=シンガポールから1時間で行けるビーチリゾート

ビンタン島の魅力はなんといってもシンガポールから1時間で行けてしまうというアクセスの良さ!ただし、もちろんロケーションだけでなく、大都会のシンガポールから1時間離れただけで、熱帯雨林と透き通る青い海に囲まれた大自然も魅力の一つ。さらに、ゴルフやビーチアクティビティも豊富です。リゾートホテルもたくさんあるので、プールやレストランでの食事、スパなどを満喫するのもいいですね。

 

「2.ビンタン島のベストシーズンは6月から9月

ビンタン島は赤道直下にあるので、年間を通して最高気温が30度、最低気温が25度前後といわゆる南国の気候です。気温は安定していますが、モンスーンのシーズンには波が高くなるので注意が必要です。乾季は4月から9月、雨季は10月から3月で、ベストシーズンは6月から9月といわれています。ただし、雨季といっても日本の梅雨のようにずっと雨が降るのではなく、スコールと晴れ間が繰り返される天気なのでビーチやホテルでのんびりするだけならそこまで気にしなくてもいいかもしれませんね。

 

「3.ビンタン島のアクセス方法は?=シンガポールからフェリーに乗ろう

ビンタン島へはシンガポールからフェリーに乗っていきます。まずはチャンギ空港からシャトルバスに乗るか、タクシーやGRABに乗ってタナメラフェリーターミナルへ。シャトルバスは片道2ドルで平日8便、休日は10便あるので便利です。タクシーの場合にはチャンギ空港から10ドル前後なので荷物が大きい時や人数が多い時はタクシーの方が便利かもしれませんね。ビンタン島のフェリーターミナルは3つあるのですが、メインのバンダルベンタンテラニというターミナルまでは1時間。シンガポールからインドネシアに入国するので到着後に入国審査がありますよ。ビンタン島へのフェリー代金は往復約40、50ドルです。

「4.ビンタン島グルメ=なんといっても新鮮なシーフード!

ビンタン島の魅力の一つがシーフード!海に囲まれているので新鮮なシーフードを楽しむことができます。特に挑戦してほしいのはロブスター!生きたロブスターを自分で選んで料理してくれるレストランもありますよ。

「5まとめ シンガポールから1泊してビンタン島へ行ってみよう!

ゴルフやビーチアクティビティ、インドネシアの大自然、一流リゾートホテルのプールやスパ、新鮮なシーフードなど魅力がいっぱいのインドネシア=ビンタン島。シンガポールのアクティブな観光名所やきれいな夜景も楽しみつつ、せっかく南国まで来たらビーチリゾートでのんびりしたい!という方はぜひ、ビンタン島へ行ってみてくださいね。

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

「学生時代に取り組んだこと、そこから学んだことは何ですか?」就職面接で必ず聞かれる質問のひとつですが、この問いに何と答えるでしょうか。ほとんどの学生は「サークル活動」であったり「研究成果」だったりと回答するのですが、それをしていない人にとっては回答しづらい問題と言えるでしょう。特に何もしていない、ただ大学生活を過ごしていただけで何の経験もしていないという人にとって辛い問になってしまいます。短期間で社会的に認められる経験を積む時、簡単で有益な経験を積むには海外旅行をするのもひとつの手です。海外から日本を見た時、日本社会の問題点や良い部分が明確に見えるようになります。しかし、卒業旅行などの学生旅行で評価されるかと言うと難しいのは当然で、ただバックパッカーとして世界を旅したという経験は全く評価されません。それはただの海外旅行で、海外旅行を評価する事は企業面接ではまずありません。そこで海外で旅行をしながら会社面接で胸を張って言える経験を積みたいと考えるなら、海外ボランティアや国際ボランティアを体験するのもひとつの手です。海外で数日から数ヶ月間現地でボランティア活動をしながら、現地の人と生活をするのですが、これは社会人では絶対にできない事ですので面接官も興味を持つ話でしょう。ひとつの場所でボランティア活動をしてそこだけで旅を完結するのではなく、いろいろな場所に行き、たくさんの現地の人と接したいと考えるのであればスタディツアーを利用する方法もあります。訪問国の現地の生の現状を見ることができるツアーは一般的な旅行ツアーでは体験できないものを得られることが可能で、時間の余裕がある学生にはとても有益と言えるでしょう。学生時代に真剣に取り組んだもの、胸を張って自分がした経験を話せない人にはこうしたツアーやボランティアに参加することはとてもメリットがあり、さらにこれから社会に出ていく中で大いなる経験になるでしょう。そして、日本社会を内から見ることではなく、外から見ることで多角的な視野を手に入れるきっかけにもなりますので、新しい感覚を持つこと、他とは違った風を吹かせることができると企業面接官は期待するでしょう。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!