by海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

女子一人旅でオーストリア=チロル地方をスイスよりおすすめする理由5つ

【ざっくり言うと・・・】
■人気のスイスもいいけどこれからはオーストラリア=チロル地方がおすすめ!
■物価が安くてご飯も美味しい!おまけにアルプスの天然水飲み放題!
■体力に自信がなくても大自然を楽しめるチロル地方へ行ってほしい!


アルプスハイキングなど不動の人気を誇るスイス。でもスイスもいいけど、これからは断然オーストラリア=チロル地方!ご飯も美味しくヨーロッパにしては物価も安い。その上、スイスにも引けを取らない大自然を満喫できるチロル地方の魅力を紹介します。

「1.おすすめ理由その1=スイスに比べて物価が安い!

オーストリアの中でも首都ウィーンは物価が高いですが、チロル地方は少し田舎なのでヨーロッパにしては物価が安い!例えばスイスの山小屋でランチをしようと思ったら40ユーロはしますが、チロル地方なら15~20ユーロで十分。日本に比べると高いと感じてしまいますがヨーロッパの中ではかなり安いほうです。

 

「2.おすすめ理由その2=外国人が少ない!

スイスに限ったことではないですが人気観光地によくあるのが外国人が多いこと。スイスらしい大自然に来たのに気づいたら周りにいるのは日本人だらけ…なんて雰囲気台無しですよね。オーストリアもウィーンにはそれなりに外国人がいますが、チロル地方はまだあまり知られていないのでアジア人が少ない!ドイツやイタリアなど近隣国からの旅行者がメインですが、英語が通じるので安心です。

 

「3.おすすめ理由その3=誰でも大自然を満喫できる!

スイスといえばアルプスの山々。もちろんチロル地方でもアルプスの山々を望むことができます。インスブルックから電車で30分のゼーフェルトという町では、本格的ハイキングコースはもちろん、ケーブルカーを使って簡単に展望台へ行くことができます。体力に自信がなくても誰でも身近に大自然を楽しむことができるからか、現地では車いすやベビーカーで来ている人もいますよ。

 

「4おすすめ理由その4=アルプスの天然水飲み放題!

ヨーロッパといえば水道水は飲めず、ミネラルウォーターを買うイメージですよね。でもチロル地方は水道水を飲むことができます。しかも出てくる水はアルプスの天然水!お風呂だってミネラルウォーターのようなクオリティを楽しむことができます。

 

「5おすすめ理由その5=ご飯が美味しい!

オーストリアには、とんかつのようなヴィエナ・シュニッツェル、チロル地方名物のグロェストゥル、伝統的デザートのカイザーシュマーレン、ザッハトルテなど美味しい食べ物がたくさん!さらにチロル地方は酪農が盛んなのでチーズ、ハム、ソーセージなど乳製品や牛肉が美味しいのが魅力です。

「6.まとめ 人気のスイスにも引けを取らないチロル地方を満喫しよう

物価が安くお水やご飯が美味しいオーストラリア=チロル地方。ゼーフェルトやインスブルックの街はドイツ=ミュンヘンからも近いので二都市目に立ち寄るのにもぴったり!人気のスイスもいいけれど、まだまだ知られていないチロル地方へ今のうちに行って、身近な自然を満喫しましょう!

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<★以下の記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:https://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

長期休暇があったら海外旅行に行ってみたいと思う人は多いのではないでしょうか?しかし、学生旅行のように丸々2,3か月かけて、スキューバダイビングラインセンスを獲得して、南国の海を彷徨うというのは、社会人になってからは難しいです。だからといって、海外旅行をあきらめる必要はありません。今では様々な形態で海外旅行に行く事が可能です。例えば、1、2週間使って海外ボランティアに出ることや、スタディツアーにでて、海外での職務経験を積みながら、空いた時間を海外の観光名所巡りに行く事も可能です。特に国際ボランティアは、良くアフリカの砂漠地帯等を想像しがちですが、必ずしもそうではなく、ヨーロッパや北米でのボランティア活動もあり、特に農業ボランティアは、現地への航空券以外はボランティア先がすべて負担してくれるので、観光に必要なお金だけで済みます。また、観光名所以外の何かを求めている方であれば、日本ではできない又は日本でやった場合高くつくようなアクティビティを試してみてはいかがでしょうか?例えば、日本でグライダー(エンジンを使わない航空機)の操縦体験をする場合、10万円以上かかる場合が多いですが、東南アジアや南米であればその10分の一の価格で行うことも可能です。さらに、現地でグライダーのライセンス(免許)をとることも可能で、その免許を取れば日本でも単独でグライダーを操縦することも可能になります。他に言語を学びたい方、言語に興味がある方は、短期で語学留学をしてみるのはいかがでしょうか?1週間でどれぐらい上達できるのか?とお思いかもしれませんが、やはり、その言語が話されている国に少しでもいると、見違えるほど、その国の言葉を覚えられます。例えば、全く文字が読めない言語であっても、1週間現地で学べば、普通にレストランでのメニューを読み、注文したり、買い物も現地語で行えるようになったりします。さらに現地で学ぶことによって、現地の友人も作ることができ、帰国した後も交流を続け、さらに言語力をつけるだけでなく、次回現地に行った際の楽しみも増えたりします。もし、「航空券が高いから無理!」と思われるのであれば、実は、安く航空券を購入することも可能です。特に国内のサイトだけでなく、海外のサイトを使用すると、さらに安く購入することができたりします。Skyscanner等、設定言語変えるだけで表示される航空券の購入サイトが変わり、日本語表示より安く購入できたりしたりします。また、出発を東京ではなく大阪からにして、関空を利用したほうが安く済む場合もあります。様々なパターを利用するればより安く海外旅行をすることも可能ですので是非試してみて下さい。

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

★記事は筆者の個人的な見解であり、当会の見解を代表するものではありません。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!