by若者の海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

ボリビア・ウユニ塩湖ツアーとペルーのお勧め旅行観光スポット5選ランキング!学生旅行前に必見

2018年2019年2020年2021年2022年の南米旅行、ウユニ塩湖ツアー、ペルー旅行の必勝法を暴露します!

★全国から一緒に旅をする旅メンバーを募集しております!<旅仲間募集中!>募集の詳細はこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

↑↑ウユニ塩湖やアメリカ横断、ハワイ、セブ島などのビーチリゾートなど、海外ボランティア0円~↑↑↑

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

<★この記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:http://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

以下では、「学生旅行を計画している人」に焦点を当てて、ある海外旅行先内のお勧めスポットなどを紹介します。どうせ学生旅行に行くのなら、思いっきり楽しめる場所に行くことが一番良いと思います。

「ボリビアのウユニ塩湖を楽しむ為の、お勧め理由」
ここでは、ウユニ塩湖に行った際のお勧め理由を3つほど紹介したいと思います。これを知れば、ウユニ塩湖の楽しみ方が分かり、より有効に良い想い出が作れるようになるでしょう。

・写真を撮影しよう!
ウユニ塩湖を見ていただくと分かると思いますが、湖に塩分が多く含まれているので、辺り一面「真っ白」です。
この風景を利用すると、面白い写真を撮ることが可能です。例えば、カラフルな旗などを持つことで、白との色の違いがはっきりし、写真が印象的になります。

更には手などを使うと、トッリキーな写真撮影ができるでしょう。具体的には被写体に対して、撮影者の手などを用い、遠近感を利用して、被写体が手の平の上に乗っているような感じにします。

・昼間と夕方で風景が変わる
ウユニ塩湖の昼間は、真っ青な空に、辺り一面真っ白の陸が広がります。しかし夕方になると、オレンジ色の太陽が沈んでいく光景が見え、太陽を中心とした光景が湖に反射するので、昼間とは全く異なる風景が広がります。

なので、昼間と夕方の2回に分けて行くことがお勧めです。そうすることにより、異なる絶景を楽しめて、その分想い出が2倍になるからです。

・美しい夜景
ウユニ塩湖では、3つの条件をクリアすることで、とても美しい星空が広がる夜景を見ることができます。1つ目の条件は、12月~3月の期間であること。2つ目の条件は、地面に水が張っていること。3つ目の条件は、風が吹いていないこと。

一生の想い出に残すためにも、ウユニ塩湖のお勧め理由を元に、その楽しみ方を把握しておきましょう。

「ペルーのマチュピチュを存分に楽しむ為のお勧め理由」
ここでも同じく、ペルーのマチュピチュ遺跡を存分に楽しむために知っておくべき、お勧め理由を2つほど紹介します。

・マチュピチュ村
マチュピチュの麓にあるのが、「マチュピチュ村」です。ここにはレストラン~お土産屋さんなど、様々なお店が存在します。なので、マチュピチュ遺跡を訪れるだけでなく、マチュピチュ村にも訪れると、一層楽しい海外旅行になるでしょう。

・マチュピチュ遺跡
早朝の方が比較的に観光客は少なく、見やすいです。また、マチュピチュ遺跡は天気でも、そうでなくても、絶景なことが特徴です。天気の日にはマチュピチュ遺跡がよく見えます。曇りの場合では、マチュピチュ遺跡に雲がかかり、幻想的になるので、それもまた絶景です。

「まとめ」
今回は学生旅行にお勧めの観光スポットを、海外に焦点を当てて紹介しました。一つは「ボリビアのウユニ塩湖」、もう一つは「ペルーのマチュピチュ」です。

ウユニ塩湖のお勧め理由は、「行くことで絶景を利用した面白い写真が撮れる」、また、「昼と夕方で風景が変わる」、更には、「条件をクリアすることで、夜に星空満点の絶景が見れる」などがありました。

ペルーのマチュピチュのお勧め理由では、「様々なお店が存在するマチュピチュ村がある」のと、「マチュピチュ遺跡の絶景の特徴」を紹介しました。ちなみに、マチュピチュ遺跡の絶景の特徴は、天気でも曇りでも、それぞれで違った風景が存在し、楽しめるというものです。

これらのお勧め理由を知っておくことで、学生旅行がより一層、良い想い出に残るものとなるでしょう。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

リアルな旅も、妄想旅行も、どちらも大好きです!海外旅行、海外ボランティア、国際ボランティア、スタディツアー、学生旅行、様々な海外旅行関連の本、記事、まつわるもの全てが大好きです。普段は普通の会社員ですが、ありがたいことにまとまった休暇をいただける企業に勤めているので、2年に1度くらいのペースで、海外旅行にでかけています。旅行を目標にしているからこそ、日々、仕事に対してモチベーション高くがんばれています。ですが、ある日、ふと思いました。【2年730日のうちの15日間だけのための人生なのか?】旅は、旅行は、特別なものであるのには、違いありません。旅行での経験は人生の財産であり、記憶はいつだってリアルであり、日常を豊かにしてくれています。でも、いつもいつも、次の旅行のことや過去の旅行のことを考え、ときどき淋しくなってしまうんです。すぐに行けるわけではありませんから、ただただ想いが募るばかり。恋人に会えない時間を過ごすような、切なさや苦しさやさみしさやモヤモヤが、時々どどどっーーっとやってくるのです。そう、いつも旅に恋し、夢中なんです。そこで、どうにか、日常をより豊かに過ごせないものかと、考えてみたんです。【そうだ、自宅を南フランスにしよう!】一番わたしが恋をしているお相手というのが、【南フランス】南フランスを好きな理由を、改めて洗い出す中で、ちょっとした工夫や意識の変化により、日本にいながらにして、南フランスで過ごしている自分に近づけるのではないか?そんなわけで、日常を南フランスにいるように過ごすことを目指す中での、アレコレを記してみます。わたしが旅について考える時に自然と繋がってくることとして、【海外暮らし、インテリア、お花、アート、芸術、自然、暮らし、仕事、人生、お金】すべて切り離せないテーマですね。それらにも触れつつ、いろいろ考えたり、情報収集したり、時に勉強したり、立ち止まり、振り返り、整理をすることで、より穏やかに豊かな毎日を過ごしていきたいと思います!【好きな理由】◎時間に縛られず、ゆっくり、のんびり過ごせた◎シンプルな中での随所あるこだわりにときめきと感動の繰り返し◎街並み、景色に胸が高鳴る◎好きな食べ物だらけで胃袋をつかまれる◎アートが身近な存在である◎建物の外観が好み過ぎて、どこを見てもうっとりしてしまうま、素直なことを言うと、理由なく、ただただただ好きなんです。元々パリには特別な憧れがありました。フランス旅行の2度ともパリのみの滞在(他国はいきましたが)で、いつか南フランスも行きたいなーと、憧れはじめるようになっていきました。そして、3度目のフランス旅行で、念願だった南フランスへ!!もう言葉では説明できないほどの、幸せすぎる、想像以上の、特別な時間を過ごしました。それは、また今度ゆっくり記憶の整理を楽しみたいと思います。

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!