by若者108名で海外旅行/海外ボランティアに行く唯一のプロジェクト!【参加メンバー募集中】

それ海外では絶対NGです!この8つのルールを守れば海外旅行のトラブルを100%回避★魔法の方法

【ざっくり言うと・・・】
■トラブルに遭う日本人には共通点が・・・
■紹介する8点に注意して海外旅行すれば安心
■無防備に貴重品を放置・露出しない、タクシーも要注意など


世界のトップ10に入るほど安全な国・日本からの旅行者が、旅先でつい気を抜いて、国内にいるかのようにふるまってしまう姿をよく見かけます。しかし、このうっかりがその後の楽しい旅を悲惨なものにしてしまうことがありますので、残念ながら旅先では一瞬たりとも気を抜いてはいけません。少しオーバーなようですが、楽しみばかりでなく、命までを危険にさらすこともあり得ますので、どうか以下のような行動はなさらないように。この8つのルールを守れば海外旅行中のトラブルを回避できるはずです!犯罪に遭わない旅を楽しんでください!

「1.荷物を置いてどっかに行くはNG=レストランでも荷物を置いたままトイレに行くのは日本人だけ!」
bag-813915_960_720私の周りの日本人以外が、必ずといって驚くのが、日本の置き引きの少なさ。うっかり置き忘れてしまったものが、そのまま置いてあった、もしくは何らかの方法で届けられた等、治安の安全に加えて、人の物に手を付けないという日本人の倫理観もあり、世界中の人々からの賞賛の的になっています。これは言い換えれば、一度国外に出れば、日本のように荷物の安全の保障はされないということで、ホテルの室内等、完全に他人から隔絶されていない限り、常に荷物は一時なりとも手放してはいけないということになります(もし、ドミトリー形式の安宿に泊まる場合は、当然ホステルの室内でも気を抜いてはいけません)。私が日本人旅行者で見かけるのは、レストラン、バスの停留所、店等でハンドバッグ以外の荷物を置いたままそこを離れて、トイレへ行ったり、時刻表を見に行ったり、買い物をしたりしている姿です。大きな荷物の中身は、服だったり、すでに買ったお土産だったりと、さほど値の張るものではないかもしれませんが、やはりなくなれば今後の旅に差し支えるでしょう。荷物は常に自分で持ち運べるよう、バックパックやキャスター付き等、自分の旅のスタイルに合った可動性の高いものを選び、たとえ重くとも煩わしくとも置きっぱなしにしないようにしましょう。日本人の振る舞いは、外国人には盗んでくださいと誘っているように見えます。

「2.ハンドバッグを手に持って、もしくは肩にかけて出歩くはNG=荷物はしっかり持って★」
walking-386718_960_720ハンドバッグや男性のセカンドバッグを手にぶらぶら持っていては危険です。女性が片側の肩にかけているのも同様にひったくりに合う可能性が高くなります。本来は、手には何も持たないのが理想ですが、そうもいかない場合は、肩紐の丈夫なバッグを斜め掛けにするか、リュックやウエストポーチを使いましょう。リュックで人込みの中に入っていく場合、リュックは前に掛けましょう一目で外国人と判る風体で、バッグを不用意に持っていた人がひったくりにあった場面を何度も見ています。気を付けてください。

「3.財布を手に持って買い物をするはNG!=財布はなるべく露出しないで★」
paying-1438142_960_720手荷物を安全な方法で持っている場合も、ちょっとした買い物をする際、財布をバッグから出して手に持ったままでいるのを見かけます。治安のよくない外国では、財布もお金も人目に晒してはいけません。必ずポケットもしくはバッグに隠して、必要分のお金だけ取り出しましょう。女性の服にはポケットがないことが多いため、私の住む熱帯の国の女性達は、ブラジャーから少額紙幣や小銭入れを取り出して、支払いをしているらしい(ホンマでっか??)。清潔好きの日本人には考えられないかもしれませんが、泥棒に目を付けられないようにする生活の知恵です。

「4.スマホ、カメラ、ビデオを手に持って歩くはNG!=数万円をひらひらさせて歩いてるのと同じだよ★」
smartphone-569076_960_720同様に、スマホ、カメラ、ビデオも泥棒からは、のどから手が出るほど手に入れたいものです。これも、できるだけ目立たないように隠して持ち歩き、チャットも撮影も素早く行いましょう。また、スマホやカメラを使っている時には、周りへの注意が怠りがちになり、犯罪を招く原因になります。旅の思い出を映像に収めることは、帰国後に旅の余韻を味わうためには欠かせないことですが、あまりそれに気を取られて、嫌な思い出を作ってしまわないように、周囲に注意しながら使用しましょう。

「5.流しのタクシーを使うはNG!=国よってはタクシーは危険と心得よう★」
rickshaw-320581_960_720

国によってメーター制であったり、運転手と料金の事前交渉をしたりと、タクシーの料金制度はそれぞれですが、乗車してしまえば密室になるタクシーには十分注意をしてください。かく言う私も、在住10年目、現地人の夫ともに乗った流しのタクシーで強盗に会った経験があります。私が住む国のタクシーは乗り合い制ですので、座席に余裕があれば、運転手は他の客を乗車させることができます。そして、運転手とこの後から乗ってきた客がグルで、私と夫はタクシーで誘拐されてしまいました。幸いにも、この時は現金、銀行カード、クレジットカード、携帯電話、カメラ等を差し出して、銀行の暗証番号も正直に伝えて、解放されました。なんとか家にたどり着き、銀行に盗難を連絡しましたが、すでに口座からはお金が引き出されていました。また、なにより嫌だったのは、この後ひと月ぐらいは、夜な夜な事件を思い出して、うなされ、眠れない夜を過ごしたことです。凶悪な犯人であれば、最初に命を奪ってから、金品を物色する場合もありますから、まさに命が助かったことを神様に感謝しています。その後8年になりますが、私は二度と流しのタクシーに乗っていません。国や地域によっては、タクシーを利用する場合は、たとえ割高であっても空港、ホテル等と契約した(多くの場合無線)タクシーを利用してください。これは命にかかわります。

バリ島は、ぼったくりタクシーが多いですので、安全なタクシーをホテルなどで呼んでもらいましょう。タイでも圧倒的に高い値段で交渉してくるタクシーが多いです。

「6.生ジュースを飲むはNG!=国によっては水/氷でお腹壊します★」
orange-juice-569064_960_720

旅先で、その土地特有の味を味わうことは、旅の醍醐味の一つです。多少お腹を壊したとしても、胃腸薬を常備して、いろいろな料理に挑戦してみてください。しかし、日頃無菌状態の日本で、雑菌にまみれていない食べ物を食べている日本人は、すぐにお腹を壊します。特にその原因は水で、旅先での緊張と体に合わない水が消化器官の不調の原因になりかねません。とは言え、旅先で生水を飲まないことぐらい、旅行者の常識。日本と違って水はボトルで買って飲むことは忘れませんよね。ついうっかりしてしまうのは、土地の果物でつくられた生ジュースを飲む時、それが果汁100%であれば問題ありませんが、水が含まれていれば、現地の生水を飲んでいることになってしまいます。氷だって精製水でつくられているとは思えません。実は、この点にはあまり神経質になって欲しくはないのですが、体調が悪いな、旅の疲れが出てきたなと感じたら、美味しいトロピカルジュースかもしれませんが、体調が回復するまでパスしてください。そして料理もできるだけ、火がよく通ったものを食べて、できるだけ早く体調を整えてください。

日本人がよくいく「バリ島」はお腹を壊しやすいです。生野菜に少量ついている水であたることも。飲み物は、氷抜きにしてもらうなど注意が必要です。ただし、観光客向けの高級なレストランなどでは基本的に気にしなくていいです。バリ島では歯磨きもミネラルウォーターでした方がいいですよ。

「7.初心者なのに/1人で現地の人が大勢集まるところへ出掛けるはNG!=群衆はスリ多発地帯!」
audience-1867754_960_720お祭り、市場、スポーツ観戦等、現地の人々でごった返し、熱気むんむんの場所に行ってみるのって憧れますよね。確かに現地の人々にとっても非日常で、みんなもワクワクと楽しそうで胸が躍りますが、こういう機会は、悪い奴らにとっても稼ぎ時なのです。人がごった返しているところには、泥棒やスリが大勢いて、誰から盗んでやろうかと手ぐすねを引いて待ち構えています。そこに金を持っていそうな外国人が通れば、もうカモは決まったようなものです。行くなと言っているわけではありません。もし、こういうところへ行くのであれば、宝飾品は身に着けず、お金もポケットに必要最小限入れて、いかにもお金のありそうな服装を避けて、十分注意して出かけてください。そして、常に周囲には気を配ってください。現地の人々も、喧騒の中で外国人を助けてなんかいられません。自己管理を。

「8.地域により夜に出歩くはNG!=これが常識な地域も多い!」
city-1487891_960_720日本の安全さの中でも、とりわけ夜の街の安全さは、他に類を見ないのではないでしょうか。私も日本に住んでいた頃は、深夜まで若い女一人で出歩いてもなんの危険を感じませんでした。しかし、海外に住むようになり、昼と夜は別の顔を持っていると感じるようになりました。美味しいディナーを食べたり、観劇や踊りに行ったりと、ナイトライフもまた旅の楽しみです。楽しんだ後、どうやって安全にホテルに帰るのかをあらかじめ計画してから、出かけるようにしてください。無計画に夜出歩くことは、やはりお勧めできません。旅は楽しいものであって、恐ろしい思い出は持ち帰って欲しくありませんから。

「9.まとめ 以上のことを守るだけで海外旅行は格段に楽しいものになります!!」
ほとんどの人は海外で危険な目にあったことはないと思います。ただ、万が一、スリなどに遭うと楽しくなくなってしまいます。安全に気を付けてほしいものです。

旅は非日常。日々のあわただしさを忘れて、おおいに楽しんでいただきたいものです。ただし、リゾートでボーっとする旅が目的でない場合、最低限の緊張感は忘れてはいけません。ここには安全な国・日本に暮らしていると、ついうっかり旅先でもしてしまう、結構危険なふるまいを挙げ、その結果、楽しい旅が台無しにならないようなアドバイスをさせていただきました。全ての旅人が心から楽しめますように。Have a nice trip!

.

 

【旅仲間・旅友達募集!】

当ツアーでは大人数で行くの安全・安心な旅をたくさん企画しています!募集人数126名以上!
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!