by若者の海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

知らなきゃトラブルのもと!?海外で使用NG&注意なハンドサイン!

【ざっくり言うと・・・】
■ 普段使っているハンドサインでも、海外で使うには注意が必要!
■ ピースサインはギリシャで侮辱、OKサインはフランスで役立たずに意味に!


手招きや指で作るOKサインなど、日常的に使っているハンドサイン。特に意識することなく、会話や生活をする上で自然とでてきますよね。ですが海外に行ったとき、何気なく使っているハンドサインがトラブルを招くもとになるかもしれないんです… 今回ご紹介したいのは、海外で使用NGまたは使用注意なハンドサインについてです!

 

【OKサイン】

*日本ではOKの意味
親指と人差し指で〇を作るサイン。日本では「OK」の意味で使われることが多く、OKと口に出して言わなくてもその意味は通じますよね。他には「ゼロ」という意味もあり、無料や0円など、会話の前後によってその意味を判断できるハンドサインです。
*海外では侮辱的な意味にも・・・
フランスでのOKサインの意味は日本と近く「ゼロ」を表すのですが、その真意はゼロ=価値がない・役に立たないや侮辱や侮蔑のハンドサインとして使われています。その他、トルコ・中東・ブラジルなどでは性行為や卑猥な意味を持つハンドサインになるので、海外に行ったときはなるべく使わないほうがよさそうです。

 

【ピースサイン】

*日本では平和のピース!
人差し指と中指を立てて作るピースサインは、平和や幸せの意味で使っていますよね。特に写真を撮るときなど、これまでピースサインをしたことがない、という方はいないのではないでしょうか。その他にはVictory(勝利・優勝)の「V」を表すなど、ポジティブな意味で使うことがほとんどです。または、数字の「2」を表すサインでもありますね。
*海外では侮辱的なサインに・・・
イギリスやオーストラリアでは日本と同じVictory(勝利・優勝)の意味で使われますが、ピースサインを絶対使用NGなのがギリシャです。その昔ギリシャでは、ピースサインを作っている2本指を使って犯罪者に物を投げる習慣があったといわれており、その名残で、今でもピースサインは侮辱の意味を持つハンドサインとして認識されています。

 

【裏ピースサイン】

*日本では写真を撮るときにも!
ピースサインの手の甲を表に向けたいわゆる裏ピースサインは、若者が写真を撮るときなどに使うこともある、特に意味のないハンドサインです。
*海外では性的な意味に!
普通のピースサインはVictoryの意味で使っているイギリスやオーストラリアですが、裏ピースサインは使用NGな「性的侮辱」の意味になります。ピースサインを作るとき何気なく裏ピースをしている方は、気をつけてくださいね!

 

【サムズアップ】

*日本ではGood!

こぶしを握って親指だけを上に向けたサムズアップサイン。「Good」や「OK」などで使われることが多く、ヒッチハイクで車を止めるときにするサイン、というイメージもあります。Facebookなどのソーシャルメディアでも「いいね」と一緒にサムズアップサインを並べるなど、世界的にもGoodの意味で使用している国が多いようです。
*海外では国によって使用注意!
欧米諸国では日本と同じ「Good」や「了解」の意味で使われることがほとんどで、私がアメリカに住んでいたときも日常的に目にするハンドサインでした。注意してほしいのは、ギリシャ・中東・南アフリカなどで、サムズアップは中指を立てるのと同じ、性的な揶揄を含んだ侮辱表現になります。基本的には、サムズアップサインは良い意味で使われることが多いので、旅行先の現地の人々が使っていることを確認してから使うようにしましょう!

 

【サムズダウン】

*日本ではブーイング!
サムズアップの逆で親指を下に向けたサムズダウンサインは、主にブーイングで使われるハンドサインとして知られています。日本の日常生活で無意識に使用することはあまりなく、イベントや演出として使うことがほとんどではないでしょうか。
*海外ではよりブーイングより、もっと過激なジェスチャーかも!
海外でも日本と同じようにブーイングの意味として捉えられていますが、そもそものサムズダウンの由来はご存知でしょうか? もともとは、「闘技場で敗れた戦士を殺せ」というとても物騒な意味を持っていたんです。その流れもあり、今ではスポーツ会場など競技の場で「舞台から引っ込め」といった意味で使われるようになっています。日本では軽く使われているサムズダウンサインですが、海外で相手の目の前で使ったりすると、かなり挑発的なジェスチャーになるので気をつけてください。

 

【指で作る×サイン】


*日本ではお会計♪
人差し指と人差し指をクロスさせて作る×サインは、そのまま「NO」の意味もありますが、お会計お願いしますの「〆」など、食事が終わったときに使っている人もいますよね。
*海外のレストランでは失礼なサインに!
イタリアのレストランでこの×サインを使うと、「この料理は美味しくない」という意味になり、かなり失礼なハンドサインとして取られます。日本で使うのがクセになっている方は、十分注意してくださいね。

 

【キツネサイン】

*日本では野球で使うジェスチャー
厳密にはキツネではありませんが、こぶしを握った状態で人差し指と小指を立てるハンドサインは日本でもよく見かけます。これは野球で2アウトを意味するハンドサインなので、プロ野球や甲子園をよく見る方には馴染みのあるサインなのではないでしょうか。
*海外では侮辱の意味に・・・
日本ではアウトの意味でも、イタリアでは侮辱を表すハンドサインになります。普段の生活で使うことはないかもしれませんが、うっかり使ってしまわないように気をつけましょう。

 

【手のひらを相手に突き出す】

*日本ではSTOP!

手のひらを相手に向かって見せたり突き出したりするサインは、日本だと「NO」、「もう結構です」、「STOP」などの否定を表すハンドサインです。これも日常生活で使うこのあるジェスチャーですね。
*海外では喧嘩を売るサインに!
手を突き出すハンドサインですが、ギリシャでは「相手の顔に泥を塗る」という侮辱を含んだ意味になります。こちらにそんなつもりがなくても、相手はケンカを売ってきている、と勘違いされることもあるので、使わないよう気をつけてください。

 

【小指を立てる】

*日本では指きりサイン

こぶしを握って小指だけを立てるサイン。日本では、これは「約束」や「彼女」などを指すサインだとして使われています。馴染みがないと思いますが、建設現場などでクレーンを地面から浮かせる場合などに、「ゆっくり巻き上げる」という意味でも小指を立てるハンドサインが使われているそうです。
*海外では出来損ない!?
小指を立てるハンドサインは中国において、「役立たず」・「無能」・「出来損ない」などという人をけなすサインだと知られています。上海や香港、北京など、日本に近いからこそ旅行によく行くという方。知らず知らずのうちにNGハンドサインを使っていないでしょうか?日本に来る中国人観光客も多いので、そういった場ではあまり使わないようにしてくださいね。

 

【まとめ】
日本で使うハンドサインにはあまり強い意味はなく、日常生活の中のわかりやすいジェスチャー、といった感覚で使うことが多いと思います。そんな無意識に使っているハンドサインでも、海外に行くとトラブルの元になりかねません。旅行出発前に行き先のNGハンドサインを確認し、トラブルのない快適な旅行を楽しんでくださいね♪

 

【旅仲間・旅友達募集!】


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数126名以上!
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

 

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!
Recommend
No articles