by若者108名で海外旅行/海外ボランティアに行く唯一のプロジェクト!【参加メンバー募集中】

女子必見!モスクを見学する前に知っておきたいマナーと東南アジアの絶景モスク3選

【ざっくり言うと・・・】
■異国情緒あふれるイスラム教モスク、女子必見の見学のマナーをご紹介。
■やっぱりスカーフは被るべき・・・?
■実際に見学出来る東南アジアのフォトジェニックなモスクをご紹介します。


イスラム文化圏と言うと中東や治安を心配する声がありますが、実はムスリム人口の半数以上はアジア圏に暮らしていることをご存知ですか?日本からアクセスの良い東南アジアには神秘的なイスラム教モスクが数多くあり、実はイスラム教徒でなくても見学が出来るんですよ。興味はあるけど、マナーやしきたりが分からなくて心配!と言う方に、見学のマナーとおススメのモスクをご紹介します。特に女性は必見です!

モスク見学の注意点

https://pixabay.com/ja/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E4%BF%A1%E4%BB%B0-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99%E5%BE%92-216461/
東南アジアのモスクは、観光資源として旅行者向けに開放されている施設が多くあります。日本で暮らしているとあまり接点の無いイスラム教ですが、世界の4分の1の人口はムスリムです。イスラム教には「シャリーア法」というコーランから解釈された法律があり、旅行時には注意が必要となります。東南アジアのムスリムは明るくフレンドリーです。イスラム圏のマナーを知って、出会いと旅先を広げてみませんか?

露出の多い服を避ける
イスラム教では、女性が肌や髪を見せる事を禁止しています。これは女性を守るためと考えられているそうです。日本とは違った考え方ですが、「郷に入れば郷に従え」を実践しましょう。モスクによっては、全身が隠れるケープの貸し出しをしていますが、あらかじめ体のラインが出るデザインの服を避け、肌が隠れるように羽織るものを持っていると便利です。

髪の毛が隠れるようにへジャブを着用
ムスリムの女性が頭に巻いているスカーフを「へジャブ」と呼びます。東南アジアのムスリムは顔を出し、髪の毛をスカーフで覆っているスタイルをしています。モスクに入る時や、モスク周辺では髪の毛を隠れるようにスカーフを巻きましょう。彼女達の個性の一部で、若い子たちはカラフルなデザインやオシャレな巻き方をしています。東南アジアではあまり見かけませんが、黒いケープで目だけ見えているデザインを「ニカブ」、目の部分が網状になっていて全く顔が見えないデザインを「ブルカ」と呼びます。

写真を撮るときは、女性が写り込まないように配慮
東南アジアの女性はセルフィーが大好きで、写メを取っているところ見かけますが、イスラム教徒は女性が人目に触れるのは良くないという考え方もされています。中東圏のイスラムの女性は他人の写真を写る事を極端に嫌がります。写真を撮ってよい場所か、人が写り込んでいないかを確認しましょう。

入ってはいけないエリアがある
イスラム教モスクでは、女性と男性が別々の場所で礼拝をします。女性用の別室は、上層階や、1階の後ろの方の一角にスペースが取られていることが多いです。礼拝場所には入れないモスクもあるので、しっかり確認しましょう。

金曜礼拝と時間帯に注意
毎週金曜日に行われる「金曜礼拝」は、イスラム同士の結びつきを深める大切な日です。健康な成人は礼拝の義務があるので、モスク周辺の商店がガラリと無人になっていたりします。
この金曜礼拝が行われている時間帯は観光客は入場出来ないのでご注意を。
それでは、モスク見学のマナーを知ったところで、実際に見学出来る東南アジアの美しいモスク3選をご紹介します。

1.まるでおとぎの世界!ピンク色のプトラモスク(マレーシア)

https://pixabay.com/ja/%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A4-%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99%E5%BE%92-%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E9%A2%A8%E6%99%AF-569809/
湖畔にそびえ立つピンクの花こう岩で作られたプトラモスクは、どこを切り取っても絵になるフォトジェニックなスポットです。プトラジャヤというクアラルーンプール郊外に計画的に作られた都市にあり、街全体がおとぎの世界のようでクルージング船から見る景色は絶景です。

プトラモスクへの行き方・アクセス方法
アクセスKLIAトランジット「プトラジャヤ、サイバージャヤ」駅下車、プトラバスで30分~1時間、タクシーで15分程
見学可能時間
土曜~木曜日 9-12時半、14時ー16時、17時半ー18時
金曜日  15-16時、17時半ー18時
料金  見学無料、ケープ貸し出し有り
TEL     03-8888-5678
住所  Jabatan Kemajuan Islam Malaysia (JAKIM), Pusat Pentadbiran Kerajaan, 62502 Persekutuan, Putrajaya, Malaysia
公式HP http://www.masjidputra.gov.my/

グーグルマップ https://goo.gl/maps/pzKpEmNedKT2

2.マレーシア最大モスクを見学しよう!ブルーモスク(マレーシア)

https://pixabay.com/ja/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2-%E7%A9%BA-%E3%81%AB%E6%95%A3%E5%9C%A8%E3%81%AE%E9%9B%B2-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF-1373975/

マレーシア最大のブルーモスクは、青と白を基調としたモスクと大空のコントラストが驚く程美しい場所です。高い天井にステンドガラスから差し込む光まで完璧に計算されており、どこか地中海をイメージするような爽やかな色使いです。マレーシアは治安が良く、女性の一人旅におススメの国ですよ。

ブルーモスクへの行き方・アクセス方法
アクセス KTMコミューターシャーアラム駅下車、タクシーで約15分
見学可能時間
月曜ー木曜日 10時ー12時、14時ー16時
土日祝  10時ー12時、14時ー16時、17時ー18時
金曜日 見学不可
料金 見学無料、ケープ貸し出しアリ無料住所
住所 Seksyen 14, 40000 シャーアラム スランゴル マレーシア
公式HP http://www.mssaas.gov.my/
グーグルマップ https://goo.gl/maps/4XqYkgqLxT62

3.思わずため息が出る豪華絢爛なオールドモスク(ブルネイ)

https://pixabay.com/ja/%E8%88%B9-%E8%BF%B7%E6%83%91%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%83%BB-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%83%BB-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%A4-523587/

天然資源が豊でリッチなブルネイのモスクは豪華絢爛な装飾が施されています。ドームはなんと純金製なんですよ!まるでおとぎの世界に迷い込んだかのような体験が出来ることでしょう。

オールドモスクへの行き方・アクセス方法
アクセス ブルネイ国際空港からタクシーで20分弱、
見学可能時間
土曜ー木曜日 8時半ー12時、13時半ー15時、16時半ー17時半
木、金 見学不可
料金 無料
住所 https://goo.gl/maps/HyUvmtCW5qJ2
公式HP なし
グーグルマップ https://goo.gl/maps/yK3SJW26mzz

まとめ
いかがでしたか?今回はイスラム教モスクを見学する時のマナーと、絶景モスクをご紹介しました。
東南アジアのモスクで、エキゾチックな体験をしてみませんか?

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!