by若者の海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

韓国のハワイ!済州島をグルメも観光も楽しみ尽くす日帰りプラン

https://pixabay.com/ja/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E6%B5%B7-%E6%B8%88%E5%B7%9E%EF%BC%88%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B8%E3%83%A5%EF%BC%89-%E6%B8%88%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%B5%B7-%E7%9F%B3-%E6%B3%A2-%E9%9F%93%E5%9B%BD-1193280/

 

【ざっくり言うと・・・】
■日本から朝便、現地から夜便がある済州島は日帰り旅行に最適!
■タクシーやレンタカーで移動すれば、スポット間はどれも30分以内!
■済州島ならではのシーフードと黒豚の名店も満喫できる!

 

韓国の南にある韓国最大の島、済州島。韓国ではハワイにも例えられ、休暇や新婚旅行で訪れる人が後を絶ちません。成田や関空からは毎日直行便が出ているだけでなく、福岡からは飛行機でわずか1時間15分、フェリーでも行けてしまいますので、日本人が気軽に訪れる海外旅行先としてもオススメです。

特に飛行機で行く場合は、東京・大阪いずれの都市からも日帰り旅行を楽しむことができます。朝9時~11時に日本を出発して19時ごろに済州空港を出発する夜便で帰れば、翌日の学校や会社にも影響が出ません。

せっかく海外に行くのなら、無駄なく行動して、済州島全体を楽しみ尽くしたいですよね。日帰り済州島旅行で必ず押さえておきたい5つのスポットを紹介します。いずれのスポットも移動時間が車で30分以内になっていますので、レンタカーかタクシーで効率よく楽しんで行きましょう!

 

「1.空港からわずか5分!龍頭岩で、溶岩でできた奇観を堪能する」

https://pixabay.com/ja/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C-%E6%B5%9C-%E6%B8%88%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%B5%B7-%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%B2%B8-1133949/

済州空港について入国審査を済ませたら、すぐに車に乗って龍頭岩に行きましょう。わずか5分で、溶岩でできた奇観が見えてきます。散策路もありますので、色々な角度から不思議な地形を楽しめます。

 

【龍頭岩への行き方・アクセス方法】

TEL: 064-728-2753
住所:済州島龍潭洞龍頭岩記念公園
URL:http://korean.visitkorea.or.kr/kor/bz15/where/where_main_search.jsp?cid=228853
予算:無料
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/sSmJbKcxXUA2
アクセス方法:済州空港から車で5分

 

「2.済州島と言えばシーフード!三姓穴海物湯で味噌鍋のランチ」

https://pixabay.com/ja/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6%E6%96%99%E7%90%86-%E9%AD%9A%E4%BB%8B%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%B9%AF-%E9%A3%9F%E7%B3%A7-%E6%B9%AF-%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%93-%E3%82%BF%E3%82%B3-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-702623/

海に囲まれた済州島は、シーフードが美味しいことでも定評があります。その中でもぜひ食べて見たいのがシーフードたっぷりのスープ料理「海物湯(ヘムルタン)」。小皿料理もたくさん出てきますので、バランス良く食事を楽しむことができます。

もちろん、メインのヘムルタンも絶品です!ただし三姓穴海物湯は人気のお店ですので、早めに行くことがオススメです。龍頭岩の観光が終わったら、迷うことなく直行して下さいね

 

【三姓穴海物湯への行き方・アクセス方法】

TEL: 064-745-3000
住所:済州島済州市蓮洞312-45
URL:なし
予算:1人当たり15,000~20,000ウォン
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/uqdK93XHPKy
アクセス方法:龍頭岩から車で10分

 

「3.これぞ済州島!済州石文化公園で石文化に触れる」

https://pixabay.com/ja/%E7%9B%86%E6%A0%BD-%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6%E3%81%AE%E7%9B%86%E6%A0%BD-%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%9C%92-%E5%BA%AD-1803182/

次は済州島らしさを堪能できる場所に移動です。おそらくほとんどの人が見たことがある岩でできた像が、この済州石文化公園で見ることができるのです。じっくり見ると1時間~2時間ほどかかる見ごたえある公園ですので、時間が許す限り韓国の石文化に触れていきましょう。

電車を乗り継いでいくと市内から2時間ほどかかってしまいますので、レンタカーかタクシーで行くことがお勧めです。車なら30分ほどで着きますよ。

 

【済州石文化公園への行き方・アクセス方法】

TEL:064-710-7731
住所:済州市朝天邑橋来里山119
URL:http://jejustonepark.com/
入場料:5,000ウォン
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/GoVbytyF3KP2
アクセス方法:三姓穴海物湯から車で30分

 

「4.活気を味わうなら市場が正解!済州島の台所、東門市場」

https://pixabay.com/ja/%E5%8D%97%E5%A4%A7%E9%96%80%E5%B8%82%E5%A0%B4-%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB-%E9%9F%93%E5%9B%BD-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E5%B8%82%E5%A0%B4-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%AA%9E-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E7%9A%84%E3%81%AA-326146/

石文化を堪能したら、再び市内に戻り、済州島の台所とも呼ばれる東門市場を散策しましょう。おもちを甘辛く煮たトッポッキや新鮮な海鮮をつかったおでんの練り物など、屋台メニューも充実していますので、食べ歩きも楽しめます

 

【東門市場への行き方・アクセス方法】

TEL:064-752-3001
住所:済州市一徒1洞東門市場
URL:なし
入場料:無料
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/i8GAW6h76Ks
アクセス方法:済州石文化公園から車で30分

 

「5.シゴルチックンコギで五枚肉のディナー!満腹になったら済州空港へ」

https://pixabay.com/ja/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%AB-%E8%B1%9A%E3%83%90%E3%83%A9%E8%82%89-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%96%99%E7%90%86-ssam-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%AB-1746781/

ランチはシーフードをいただいたので、ディナーには済州島名物の黒豚が良いのではないでしょうか。日本でも韓国の豚焼き肉「サムギョプサル(三枚肉)」専門店が増えてきていますが、本場韓国ではさらに脂が乗って柔らかな「オギョプサル(五枚肉)」が人気です

シゴルチックンコギは空港までタクシーでわずか10分ほどですので、ぎりぎりまで楽しめるのもポイントです。もちろん出国審査がありますので、余裕を持って空港につくように調整して下さいね。

 

【シゴルチックンコギへの行き方・アクセス方法】

TEL: 064-749-4900
住所: 済州市老衡洞919-6
URL:http://countryhouse.fordining.kr/
予算:1人当たり10,000~15,000ウォン
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/ScbQsohsKVF2
アクセス方法:東門市場から車で5分

 

「6.まとめ 日帰りで身近な海外・済州島を楽しみ尽くそう」

日帰り済州島旅行は、空港から近い北部の済州市エリアと市の中心部から30分ほど南東に行った済州石文化公園に限定することがポイントです。日帰りで済州島の魅力に取りつかれた方は、次は西部や南部のディープ済州島に挑戦してみましょう

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!