by若者108名で海外旅行/海外ボランティアに行く唯一のプロジェクト!【参加メンバー募集中】

北欧アイスランド旅行に行ってみた!ド定番の観光名所5選と気になる物価!

北欧アイスランド旅行に行ってみた!ド定番の観光名所5選と気になる物価!アイスランドツアーに行く価値は?

1.大自然を巡る!ゴールデンサークルツアー
geyser-1594850_960_720geyser-1594853_960_720

アイスランドの首都のレイキャビクから日帰りができるツアーとして、もっともポピュラーな行き先がゴールデンサークル。秋から冬の時期だとすでに日が短く、出発が朝8時頃であってもまだ夜明け前。山へ山へと走るうちに太陽が昇り始め、澄んだ空気の中薄紅色に染まる景色は息を飲む美しさです。ゲイシール間欠泉やグトルフォスの滝は大迫力。晴れている日は滝の水しぶきで虹がかかることも。植物が茂らない荒涼とした大地、近くから斜めに照り付ける太陽。地球そのものの荒々しさに、地球ではないどこかへ来てしまったような気分にさえなってしまいます。

ツアー会社・旅行会社に依頼するのが一般的です。
予算:約9,000円
URL:http://grayline.is/

2.世界最大の露天風呂!青い温泉ブルーラグーン
reykjavik-1103887_960_720日本人にはお馴染みの温泉ですが、ブルーラグーンは温泉というよりも温水プールに近いかもしれません。日本の温泉よりも水温が低く、何時間でも入っていられるくらい。ラグーン内で配られている泥のパックでお肌はもちもちに。売店では入浴したままビールやフローズンを買うことができます。付属の宿泊施設に泊まればブルーラグーンでオーロラ鑑賞も可能です。2017年春には新しいブルーラグーンがOPEN!!アイスランドに温泉目当てでヨーロッパ中から観光客・旅人が集まります!

Blue Lagoon
予算:入場料約5,000円
URL:http://www.bluelagoon.com/
※入場には事前予約が必要です。ツアー会社・旅行会社に依頼するのが一般的です。

3.北極圏と言えばオーロラ!
aurora-1185464_960_720カナダなどに比べて晴天率や発生率の低さから、北欧では簡単には見られないとも言われていますが、実際にアイスランドでもきれいなオーロラを見ることはできます。もっとも一般的な方法はツアーに参加すること。悪天候時のためにセカンドチャンスがある場合もあるので、旅程の初めのほうに組み込むのがおすすめです。晴天でもオーロラが出ないこともありますが、満点の星空も見もの。澄んだ冬の空に天の川や流れ星が瞬くのをお腹一杯堪能できます。数時間寒空の下待ったあとのオーロラはまさにご褒美。湯船に入浴剤を溶かすようにほろほろと動く光が幻想的で、宇宙の神秘を思わずにはいられません。死ぬ前に一度、見てみたいと思いませんか?

ツアー会社・旅行会社に依頼するのが一般的です。
予算:約6,000円
URL:http://grayline.is/

※時期によって、オーロラ・ゴールデンサークル・ブルーラグーン及び空港への送迎を含めたお得なプランが出ていることがあります。

4.北欧の音楽フェス☆アイスランドエアウェイブス
毎年秋頃にレイキャビク市内で開催される音楽フェス、アイスランドエアウェイブス。アイスランドを代表するアーティスト・ビョークをはじめ、数々のミュージシャンがコンサートホールや市内のカフェなどで演奏します。チケットは開催期間ずっと有効なので、日中は自然を堪能し、夕方は毎日フェスに通い詰めるという人も。人気のアーティストはすぐに席が埋まってしまうこともあるようなので、お目当てがある人はしっかり計画を練ったほうがいいですね。

Iceland Airwaves
予算:日本からのツアー約300,000円
URL:http://icelandairwaves.is/

日本語サイトから日本発のフェスに参加できるツアーに予約するのが一番確実で簡単です:http://icelandairwaves.jp/

.

5.首都レイキャビクのお散歩コースでまったり過ごす☆(=アイスランドの街並みは歩くだけで楽しい??)
朝からツアーに参加したり、夜中にオーロラ鑑賞したり、ただでさえ寒い中活動していると、だんだん疲れてきますよね。そんなときは一日レイキャビクの街を散歩するのもいいかも。ハットルグリムス教会には巨大なパイプオルガンが設置されており、実際に弾いているところを見ることもできます。教会の目の前にあるカフェ・ロキでは、魚介を使ったアイスランド料理を楽しめます。音楽ホールのハーパは海沿いにあり、お散歩にぴったり。建築物としても美しく、中の売店では本や写真集、かわいらしい雑貨などが販売されています。

Hallgrímskirkja(ハットルグリムス教会)
予算:入館料無料
URL:https://www.hallgrimskirkja.is/

Café Loki(カフェ/レストラン)
予算:約3000円
URL:http://loki.is/

Harpa(レイキャヴィークのコンサートホール、カルチャーセンター。外観が美しいので観光客が集まる)
予算:入館料無料
URL:https://en.harpa.is/

6.気になる物価と予算
cost-1174926_960_720庶民の旅行で一番気になるのは物価です。なんといっても北欧。物価の高さは覚悟していても、何とか安く収まらないかと考えてしまうもの。一週間近くまとまって滞在する場合は、ホステルなどに滞在し、キッチンが使えるなら自炊することで節約も可能です。カフェやレストランなどで食事をするなら、2000円以上かかってしまいますが、スーパーなら安く抑えられます。特にボーナスというスーパーでは、生鮮食品から飲料、日用品まで揃っており、手ごろなお値段で買うことができるものが多くあります。街中の宿泊施設なども多い場所に位置しているので、アクセスも抜群。また、宇宙一おいしいというホットドッグ屋さんも味はもちろん、お財布への優しさもぴかイチ。ちなみに、スーパーに限らず飲食店やお土産店、果ては有料トイレまでクレジットカードの使用が可能です。まったく両替せずに旅を終えることも珍しくありません。

スーパーマーケット:Bonus(日本よりやや高い?)
参考価格:缶のコーラ約100円、インスタントヌードル約200円、チョコ菓子約100円、ヨーグルト約200円
URL:http://www.bonus.is/

ファーストフード店:Bæjarins Beztu Pylsur(日本より高い?)
予算:ホットドッグ約500円
URL:http://www.bbp.is/

宿泊:Guest House Aurora(日本よりやや高い?)
予算:3人部屋4泊約60,000円
URL:http://www.aurorahouse.is/index.html

∴アイルランド物価=日本より高めと考えた方がよいでしょう。

旅行総予算:約100,000円(宿泊費、食費、ツアー代金及び雑費込、航空券を除く)

いかがでしたでしょうか。壮大な自然、宇宙の神秘、独特の文化に触れ、物価にびっくりするのも、長身の美男美女に感嘆するのも、いいお土産話になるでしょう。

.

.

【旅仲間・旅友達募集!】

当ツアーでは、オーロラ、ヨーロッパなどたくさんの旅を企画しています!募集人数126名以上!
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

kirkjufell-1883652_960_720-1

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!