by若者108名で海外旅行/海外ボランティアに行く唯一のプロジェクト!【参加メンバー募集中】

ワクワクのハワイ旅行・観光でこれだけは…!絶対やってはいけない事10選<飲酒・喫煙・ハトに餌やり・ビニール袋使用で即逮捕?>

【ざっくり言うと・・・】
■ハワイと言えど外国です。日本の常識は通じない
■観光客とは言え容赦なく逮捕・罰金のペナルティが待っている、
■飲酒・喫煙・ハトに餌やり・ビニール袋使用で即逮捕?


常夏の島・ハワイ。誰しもが穏やかな気持ちになる、癒しの国です。しかし、当然ながら守らなければならないルールがあります。日本語が多少通じる島ではありますが、ルールを守らなければ逮捕・罰金のペナルティが待っています。自宅につくまで「楽しい旅だった」と言えるよう、現地のルールをしっかり頭に入れておきましょう。

「1.飲酒に関しては場所・時間にも制約アリ」

まずは『飲酒』について。日本の場合は20歳からお酒を飲むことができますが、ハワイ州法では21歳未満の飲酒を禁止しています。当たり前ですが、ハワイではハワイ州の法律が適用されます。日本で飲酒可能な年齢(20歳)だからと言って、ハワイ州で飲んでしまうと未成年飲酒をしたとして逮捕されていまします。

また、飲酒に関して他にも制約があります。例えば『飲む場所』です。ハワイでは公共の場での飲酒を禁止しています。ビーチや公園・路上・バスの中などは全面的に禁止です。ワイキキビーチの地平線に沈む夕日を見ながら、ビーチでのんびりとビール片手に過ごしたいですよね?ですが、法律上禁止されています。

加えて購入する際の時間の制約もあります。スーパーやコンビニなどでのアルコール類の販売は朝6時から深夜12時までと決められています。もちろん購入する際に身分証の提示を求められます。例え、あなたが明らかに21歳以上であったとしても提示を求められますので、アルコール類を購入する際はIDの持参をお忘れなく。

近年日本でも厳しく取り締まっていますが、もちろんハワイ州の法律でも『飲酒運転』を厳しく取り締まっています。もし飲酒運転で逮捕されてしまった場合、禁固2日間・150ドル~1,000ドル以下の罰金が科せられます。また一度逮捕歴がついてしまうと、自動車保険の掛け金が半端なく跳ね上がります。1度でも飲酒運転で捕まってしまうと、1万ドル単位の経済的負担が強いられるのです。

単に飲んだら乗らなければいいわけではありません。例え自分が飲んでいなかったとしても、フタの開いたお酒が車内にあったり・同乗者が飲酒する場合も罰せられます。また、公共の場で千鳥足で歩いていると注意されます。ましてや泥酔している場合は逮捕されることもあります。それくらい、ハワイ州では飲酒に関して厳しい取り締まりを行っているのです。

「2.喫煙にも厳しい取り締まり」

ハワイでは飲酒に限らず、『喫煙』に関しても厳しく取り締まりを実施しています。ハワイ州は『Healthy Air & Workplace Law』という州法において、非喫煙者の健康を間接喫煙の害(つまり受動喫煙のことを指します)から守ることを目的とした法律を定めています。この法律の違反者には、最大50ドルもの罰金が科せられます。

ハワイ州や郡が定める公共の場所が全面的に禁煙区域として定められています。一例を挙げますと、州や郡の所有する建物・レストランやバー・ショッピングセンター・空港・ホテルのロビーなどがあります。その建物内だけでなく、建物の出入り口から20フィート(約6メートル)圏内までが禁煙区域となっています。

「3.子どもを1人にする、車の助手席もダメ」

日本のショッピングセンターの駐車場で、車内に子どもを乗せたままで買い物に出かける親をたまに見かけます。ほとんどはチョットの用件で車内で待たせている人がほとんどですが、時折悲しい結末となる場合もあります。一方のハワイ州では、12歳以下の子どもを13歳以上の保護者なしで放置することを禁止しています。

日本の感覚のまま軽い気持ちで、ホテルや車中などで待たせていると逮捕されますので注意が必要です。日本ではわざわざ警察に通報してくれる人なんて、よほどのことがない限りありませんが、ハワイでは見かけた人がすぐに通報します。この法律は子どもを犯罪から守るためのもので、日本のように治安のいい場所ではないことをしっかり念頭に入れておく必要があります。

また、ハワイ州では8歳未満の子どもを助手席に乗せることを禁止しています。8歳未満の子供は後部座席にてシートベルトの着用・必要に応じてチャイルドシートやブースターの着用を義務付けています。もし違反してしまった場合、4時間もの交通安全教室クラスの受講と100~500ドルもの罰金が科せられます。

「4.横断歩道以外の道路を横切ってはいけません」

『ジェイウォーク(J-walk)』という言葉を聞いたことはありますか?横断歩道以外の車道を横断することを指します。これで逮捕されると130ドルもの罰金が科せられます。

実際にワイキキ周辺を歩いてみるとよくわかるのですが、思った以上に横断歩道が少ないです。ついつい横断歩道のないところをササッと渡りたくなりますが、グッと我慢しましょう。ワイキキ周辺は最も人が集まる場所ということもあり、警察官(私服警官が特に)が頻繁にパロールしています。従って、つ余ってしまっている人も良く見かけます。

1回捕まって130ドルも科せられてしまっては、せっかくの旅行もブルーになりますので、ググッと我慢して横断歩道を渡りましょう。因みに横断歩道でもDON’T WALKサインが点滅している時も横断してはいけません。

「5.自転車は車道を走る」

 

日本でも歩道を通る自転車のことで大きな問題となっています。ですが、きちんと明確に法律が整備されていませんので、自転車が歩道を走ることが原因の事故が絶えません。

ハワイ州の場合は、日本の少し先をいっています。自転車は車道に設けられた自転車専用レーンを走ること。そしてワイキキとダウンタウンエリアでは、歩道を走ることは罰金対象となっています。因みに歩道を走ってしまった時の罰金は55ドルとなっています。

ハワイはとても風が気持ちよく、自転車のレンタルもワイキキの街の至る所でできますので、ハワイを満喫する上で欠かせないアイテムでもあります。しかし、一歩間違えれば大事故にも発展しますので、車道・自転車レーンの走行を遵守しましょう。

「6.ラナイ(ベランダ)に洗濯物を干してはいけません」

日本人なら思わずやってしまう行為の一つ、ラナイ(ベランダ)に洗濯物を干してはいけません。海で思いっきり遊んだあとの水着やバスタオルをラナイ(ベランダ)に置いてあるイスなどに干してしまいがちですが、ホノルルの一部の地域(特にワイキキ)では禁止されています。

理由は景観が崩れるからです。観光業で成り立つハワイですので、ホテルやコンドミニアムのラナイ(ベランダ)で誰もが一斉に洗濯物を干してしまっては何ともみっともないですよね。また、高層の建物が多い街ですのでベランダから落として他人に迷惑をかけるということも考えられます。

洗濯ものはバスルームの上部・壁についている引き出し式のロープに干したり、ホテルのランドリーサービスやコインランドリーを利用しましょう。部屋干しする際に、靴下といった小物用に小さなピンチ付きの物干しハンガーがあると便利ですよ。幸いハワイは気候が乾燥していますので、部屋干しでも十分に乾きます。

「7.鳥にエサをあげないで」

ハワイの街を歩いていたり、公園やカフェでのんびりしていると日本では見かけない可愛い鳥がちょこまかちょこまかと歩き回っています。その可愛いしぐさに思わず餌をあげたくなってしまいますが、これもググッと我慢してください。見つかると500ドルの罰金を科せられます。500ドルとなると、ハイブランドのお財布が買えたりする金額ですので、可愛いとはいえ餌はあげないでください。

人間の餌の与えすぎが一部の種の過剰繁殖の原因となり、ハワイ生態系の破壊につながりかねません。公園やホテルの敷地内などで「It is illegal to feed birds」といった、鳥に餌をあげないでと伝える看板がった時は餌付けが禁止されているエリアですので注意してください。

「8.ウミガメに触ってもダメ」

ハワイアンジュエリーなどのモチーフによく見かけるウミガメ(ハワイ語でホヌと言います)は、現地ハワイでは絶滅危惧種に指定されています。従って、ウミガメに近づいたり・触ったり・餌をあげてもいけません。

ウミガメの半径2メートル以内に近づいたり、ましてや触ってしまった時は500ドル以上もの重い罰金が科せられます。ウミガメだけでなく、イルカやハワイアンモンクシール(アザラシ)などの海洋生物も同じように保護の対象となっています。

ハワイの定番アクティビティに、ウミガメに会えるビーチツアーなどがありますが、みんなが楽しめる様ルールはきちんと守りましょう。

「9.ビニールのレジ袋を使ってはダメ」

オアフ島では2015年7月1日から、正式にプラスチック製のレジ袋の使用が禁止になりました。プラスチック製のレジ袋というのは、日本でいうビニル袋のことです。レジ袋をはコンポスト化(堆肥化)できません。プラスチックやビニルを分解するバクテリアが存在しないからです。

ハワイの代表コンビニ:ABCストアや、日本でもおなじみのセブンイレブンやローソンではプラスチック袋ではなく取手付きの紙袋に変更されました。また、レジ横には様々なデザインのエコバッグが販売されています。一方でドン・キホーテでは、レジ袋を有料化しています。

因みにカウアイ島・マウイ島では4年前から、ハワイ島では2年前から施行されていて、オアフ島は最後でした。そして、州規模で禁止しているのは、ハワイ州が全50州で最初です。

「10.障害者マークの場所に駐車してはダメ」

これは日本ではよく見られる光景ですが、障害者マーク(車いす)の駐車スペースには健常者は駐車してはいけません。日本ではモラルの問題でもありますが、無視して駐車してしまう人が少なくありません。しかし、同じことをハワイでしてしまうと最低でも250ドルもの罰金を科せられます。多くの人は「チョットだけだから」といって駐車ていると思います。例え数分の駐車時間だったとしても、違反は違反です。障害者用の札を車外から見える車内の場所に置いて置かなければ即攻で通報されます。

「番外編:巨大カタツムリには絶対触ってはダメ!」

日本の童謡でお馴染みの歌詞「でんで~ん むしむし か~たつ~むり…」で登場するカタツムリ。誰しも子供のころに突いた覚えがあるのではないでしょうか?常夏の島・ハワイにも、もちろんカタツムリは生息しています。その種類は本当に様々で、固有種・外来種合わせてピーク時には750種類にも上ったとされています。

そんなカタツムリの中でも、特に大きな『アフリカマイマイ(Achatina fulica)』英語ではジャイアントアフリカンスネールと呼ばれるカタツムリがいます。このカタツムリはサイズがとにかく大きいです。大きく育ったものは体長20センチにまでなります。

もとはアフリカ原産のカタツムリで、食用として東南アジアから台湾・日本(始めは沖縄へ)と、意図的に導入されました。ハワイへと導入されたのは1930年代で、養殖されていたものが帰化し、現在ではほとんどのハワイ列島で見ることができます。

とにかく、日本では見ることできないビックサイズなカタツムリですので、子どもに限らす大人でもちょっかいを出したくなると思います。しかし、絶対に触ってはいけません!場合によっては、死に至るケースも起きています。

とは言え、カタツムリ自体に毒があるというわけではありません。上記でもご説明しました通り、アフリカマイマイは食用として世界中で食べられています。問題はカタツムリに寄生している広東住血線虫症(カントンじゅうけつせんちゅう)という寄生虫にあります。この寄生虫は腸膜を食い破り、髄液を伝って最終的に中枢神経(または脳)へと移動し、出血・肉芽腫形成・好酸球性脳脊髄膜炎などを引き起こします。発症までの潜伏期間として2~3週間ほどあり、それから数週間後に抗体ができたとしてもこれといった治療法がありません。神経系の症状を抑えるためにただひたすらステロイドを処方され、痛みに悶え続けるだけです。2か月ほどで症状は治まりますが、人によっては後遺症が残ったり、助からない場合もあります。

正確に言うと、アフリカマイマイに触れただけでは寄生虫に感染しません。手に付着した寄生虫が、口や傷口などから人間の体内へと入ってしまうことで感染します。カタツムリを触った後にきちんと手を洗えば済む話ですが、小さな子供の場合はカタツムリを触った手で、すぐ口を触ってしまうことが十分に考えられます。従って、基本的に触らないようにする方が賢明です。もちろん、カタツムリの移動痕に触れた時も同様です。すぐに手を洗ってください。

1つ覚えておかなければならないことが、このカタツムリが付着していた生野菜やフルーツをそのまま食べた時も感染する可能性があることです。関係のないことだとは思わないで、しっかりと洗ってから食べてください。

「12.まとめ」

ハワイに行く上で、知っておきたいやってはいけない事10項をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?『郷に入っては郷に従え』という言葉があるように、ハワイにはハワイの決まりごとがあります。快適な旅をするためにも、最低限今回ご紹介した項目だけでも、しっかり頭に入れて楽しい旅へと出発しましょう。

【旅仲間・旅友達募集!】


1210

当ツアーではハワイ旅行・ハワイ観光を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数126名以上!
全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちら

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!