by若者の海外旅行/海外ボランティアツアー!【参加メンバー募集中】

ドイツ・バイエルン州フライジング―世界最古のビール醸造所がある街をめぐろう

★全国から一緒に旅をする旅メンバーを募集しております!<旅仲間募集中!>募集の詳細はこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

↑↑ウユニ塩湖やアメリカ横断、ハワイ、セブ島などのビーチリゾートなど、海外ボランティア0円~↑↑↑

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

<★この記事はボツになった記事ですが、モッタイナイので載せております。正式な記事はTOPページ:http://kamokamo-do.com/ をご覧ください。>

飲んで歌って踊って楽しむビールの祭典、オクトーバーフェスト。日本でも日比谷や横浜、大阪などで開催され、ここ数年でだいぶ定着してきましたが、もともとはビールの本場、ドイツはミュンヘンで行われている世界的なお祭りです。そんなビールの本場であるミュンヘンの郊外には、世界で最も古いビール醸造所を擁する街、フライジング(Freising)があります。
今回は、ミュンヘンから一足伸ばせばゆったりと楽しめる、ビールの故郷フライジングの魅力をご紹介します。

1. 赤い屋根と石畳が続くフライジングの街並みを歩く
フライジングはミュンヘンから北へ約40kmにある人口5万人ほどの街です。電車ではミュンヘン中央駅からS1(鈍行列車)で50分ほど、RE・RB(急行列車)で25分ほどで到着します。
落ち着いた色の赤い屋根で統一感のある街並みのフライジング。伝統的な景観の中に、太陽光パネルのついた屋根がちらほら見つかるのが環境大国ドイツらしいところです。
歴史を感じさせるのは家だけではなく、石畳の路地が続くところもポイント。ドイツは自転車先進国ですが、ここでは少しお尻が痛くなってしまいそうなので、のんびり歩くことをおすすめします。
街の中心部にあるのはフライジング大聖堂(Freisinger Dom)。質素な外観とは裏腹に、絢爛華麗な内装に圧倒されます。この大聖堂では、第265代ローマ教皇(在位2005~2013年)であったベネディクト16世が、かつて大司教を務めていたとのこと。宗教的にも重要な拠点なのですね。

2.街のあちらこちらでカラフルなクマの像に出会う
フライジングの街をしばらく歩くと、あちらこちらにカラフルなクマの像があることに気づきます。オーバーオールを着たクマや、ピンク色でお化粧をしたクマ、鮮やかなペインティングがほどこされたクマなどなど。クマのポーズは2本足で立って右を向いているか四つん這いになっているかの2パターンがほとんどですが、その表情は実に豊かです。探しながらパチリと撮っていくだけでミニ写真集ができそうですね。
これらのクマは、聖コルビニアン(St. Corbinian)というフライジングにゆかりのある聖人の伝説に由来しているのだとか。その物語は、聖コルビニアンがローマへ向かう途中、1匹のクマが聖人の荷馬を殺してしまったため、聖人はクマを手なずけてローマまで荷物を運ばせたというもの。現在、野生のクマはドイツでは絶滅してしまいましたが、その物語は愛嬌のある像とともに街のシンボルとして残されています。

3.現存する世界最古のビール醸造所で飲み比べ
大聖堂から20分あまり歩いて丘を登ると、いよいよヴァイエンシュテファン(Weihenstephan)。現存する世界最古のビール醸造所で、なんと西暦1040年創業です。ここでもビールの樽を背負って修道着を着たクマの像が出迎えてくれます。修道着とビールは相容れない気もしますが、実は聖コルビニアンが創設したヴァイエンシュテファン修道院でビールが造られたのが始まりだったのです。今でもその名を冠した「コルビニアン」というダークビールの銘柄があります。
現在では修道院ではなくバイエルン州立の醸造所ですが、驚くことにミュンヘン工科大学(TUM)のビール醸造科も併設されています。世界最古のビール醸造所で世界最先端の研究がなされているのは感慨深いですね。
工場見学ツアー(要予約)がある他、直営のレストランでビールとバイエルン料理を楽しむことができます。ビールの種類は10以上。迷ってしまいますが、王道はヘーフェヴァイスビア(Hefeweissbier:酵母の白ビールの意)ではないでしょうか。濾過していないため酵母が生きたまま入っており、フルーティーで豊かな香りがします。あれもこれも少しずつ楽しみたいという方には、へレス、ヴァイス、デュンケルの3種類を飲み比べできるテイスティングセットもおすすめです。

4.まとめ
フライジングはミュンヘンほどの大都市ではないので、さほど混雑を気にせずゆっくりと散策することができます。少し足を伸ばして、古い街並みとクマにまつわる歴史に思いをはせながら、伝統と最先端の技術に裏打ちされたビールに舌つづみを打ってみてはいかがでしょうか。

 

【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

海外旅行に行くなら、海外ボランティア、もしくは国際ボランティアを学生旅行として行ってみては?社会人になると、なかなか海外旅行にゆっくり皆でいくのは難しいもの。また、学生時代の体験としても、国際ボランティアや海外ボランティアは大きな武器になるはず。授業では勉強できない、途上国の現実や課題を目の当たりにして、自分ができることは何か考える事で大きく成長できるはず。現地の子供達の教育に携わったり、農村にホームステイをしたり、といったNGOのスタディツアーに参加するのも良いでしょう。スタディツアーは観光目的でなく、学ぶことが目的なので、観光客が訪れないような地域を訪れる事も少なくありません。体験プログラムやホームステイなど、現地の人達と直接交流ができる機会が設けられている事が多く、正に国際交流を直に勉強できることも大きな魅力です。興味があるプログラムや内容に合わせて参加すると良いでしょう。インターネットやチラシ、大阪や東京などの大学の説明会などでプログラムは沢山紹介されています。例えば、インドの農村で食を知る体験だったり、インドネシアで植樹体験をしたり、はたまた日本食や日本文化を紹介して交流を深めるようなものも。また、ボランティアの合間に、現地のアクティビティーを体験するのも海外旅行の醍醐味として良いかも。海の綺麗なモルディブにホームステイをして、スキューバダイビングのライセンスを取ったり、モルディブ式の釣りにチャレンジしたり。様々な国の文化や歴史を単なる観光ではなく、より現地の人達と近く交流することで今後の価値観や人生観を変える大きなきっかけになることは間違いないでしょう。学生時代の一生の宝物として、是非一歩踏み出してみては?
【旅仲間・旅友達募集!】一緒に海外旅行に行きませんか?


1210

当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttp://kamokamo-do.com/newmembers/

Facebook、Twitterで旅情報をチェックしよう
▼海外旅行NewsをFacebookタイムラインで受け取りませんか?
”旅行博士”になりましょう!!

 

こちらの「いいね!」ボタンを押してフォローして頂くとあなたのタイムラインに最新情報が届きます!


▼Twitterでも最新の海外旅行Newsをお受取頂けます!
フォローして”旅行博士”になりましょう!!
Recommend
No articles